メニエール病は完治するのか?完治した人から学ぶ生活習慣

メニエール病は完治するのか?完治した人から学ぶ生活習慣

メニエール病は完治するのか?安心してください最近では主な原因がストレスということが分かり生活習慣を改善させることでたくさんの人が治っています。難病を改善させた人たちの生活を追って行きます。



メニエール病は完治するのか?

完治する方法は確立していない

メニエール病は完治する方法は確立していません。しかし治っている人も大勢います。

メニエール病は発症後2年程度期間が過ぎると「軽快」か「症状の持続」のどちらかに分かれます。軽快とはほとんど発作が起きなくなり発作が起きてもすぐに改善されて軽い投薬程度で徐々に発作がなくなります。症状の持続とはメニエール病特有のめまい発作との長い年月の付き合いが始まり「闘病」と前は呼ばれていました。しかし現在は対症療法も増えており発作が起きる前にめまいを抑える薬を飲むことで抑える事ができ、手術方法も増えて内リンパ嚢を開けて増えたリンパを逃す・薬剤を注入して内耳機能を落とすことで発作を減らす方法もあります。

更に最近ではめまい発症する原因に「ストレス」の関与が大きいのではと注目を浴びています。生活習慣の改善とストレス緩和でめまいのコントロール・難聴が改善できたというケースが存在しています。

このように完治する方法は確立してはいませんが、様々な方法で一長一短はありますが、症状の緩和の方法が日々開発されています。

治り方も様々で長年苦しんでいた後に嘘のように治る人もいます。まずは諦めず、無理をせずかかりつけの耳鼻咽喉科の先生に相談して行きましょう。

PR

生活習慣の改善とは?

生活習慣の改善といっても、ダイエットをしろという程ではなく、ある程度の減塩を心がけて、軽く汗をかく運動を行う、趣味を持ち楽しむという程度だったりもします。以下では様々な方法でメニエール病を完治させた人たちのお話を乗せて行きます。

メニエール病を完治させた人達

  • 有酸素運動を取り入れた生活習慣の改善で完治

厚生労働省が運用している難病情報センター長である高橋センター長はいち早くメニエール病は睡眠不足・過労・職場や家庭環境によるストレスが発症の原因と考えた。そこで24年間もめまい発作を訴え続けていた患者に有酸素運動を勧めた結果1年後に感知したケースが存在しています。それ以来有酸素運動で完治する症例を数多く生み出しています。

  • ウォーキングで10年間の難聴を完治させた主婦

10年前にメニエール病を発症し難聴が進行していた50代の主婦はウォーキングを開始したところ、めまいや耳鳴りの改善され半年後には聴力がほぼ正常に戻った症例があります。

  • 水泳を開始後改善したが水泳を止めたら再発した男性。

40代の男性がある日会社に向かう途中でめまい発作に襲われて受診の結果メニエール病と診断された、医師の勧めで有酸素運動を始めるが長く続いたのは水泳であった。水泳を始めて1ヶ月でめまいがなくなり、1年続けた結果難聴が改善された。しかし難聴が改善されたと同時に水泳をやめた結果、仕事に没頭する時間が増え深夜帰宅が続いたある日再び難聴が再発しました。水泳を始めた結果改善されてきたといいます。

  • 転職して夫婦で散歩を始め完治させた男性。

40代の男性は管理職となった結果ほとんど休みを取らずに仕事を続けめまい発作を起こしてメニエール病と診断された。医師の勧めで駅から家までを徒歩で通勤していたが、難聴もめまいも改善はされなかった。医師に相談すると結局はストレスの元である職場に間に合う為に更に朝早く起きているだけで、睡眠不足でストレスの要因を増やしているだけだと言われる。男性は転職を行い年収は減ったが自由な時間が増えた為、妻と二人で休日に散歩をする機会を増やしていったところ徐々に発作も減り2年後には全て改善された。有酸素を取り入れるだけではダメと分かる症例です。

メニエール病は完治するのか?完治した人から学ぶ生活習慣まとめ

いかがでしたでしょうか?有酸素運動だけでもダメ、睡眠を取る・ストレスの元となる原因・環境を変えていかなければ完治には程遠いということが分かりますね。焦ってストレスを溜めてしまうのは本末転倒です、上手く付き合いつつ改善させて行きましょう。

 

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!