Netflix映画『ELI/イーライ』驚愕のラスト全ネタバレを紹介

Netflixオリジナル映画としては久々の良作ホラー「ELI/イーライ」を観る時間がないあなたへ。驚愕のオチとストーリー全ネタバレを紹介。

見終わった後の興奮のまま書きなぐるので若干のズレはごめんなさい。

とにかくNetflixオリジナル作品は最近息を吹き返してますね!(アニメを除く!)ハズレなし!見て良かった!って作品ばかりです。

そんな中、ホラー好きの嗅覚を刺激する予告で魅了してきた「ELI/イーライ」がついに配信開始!感想は別の記事に書きますのでざっくりと言っておきますと、

死霊館を初めて見たときよりも怖く、楽しい映画。

小さな少年がひたすらに、ひたすらに心霊現象でイジメられまくる!しかも息つくヒマもないぐらいに!その恐怖映像の描写も死霊館の館の一作目のように緩急つけた怖がらせ方、最新技術で描かれた受難の数々は手に汗握ること間違いなし!特に私は視聴中の停電によって更に恐怖に陥ってしまったので星5つの高評価です。

が、ラスト。ラストはきっと賛否両論。

個人的にはあの恐怖感で最後まで行って欲しかった!

気になりますよね!?

ちょっとでもこの作品が見たくなったのならここで記事を読むのを止めて大人しく「ELI/イーライ」を視聴したほうがいいです。作品の質は最高峰。見る価値があるからです。

それでも

それでも時間がないあなたへ。

超ざっくりラストネタバレと

ざっくりストーリーネタバレ紹介をしていくので楽しんでいってください。

注意!

この先はNetflixオリジナルホラー映画「ELI/イーライ」の知ったら絶対に映画の面白さが半減するオチとストーリーもがっつり紹介しています。

それでも構わなければ先へどうぞ。

速攻でオチが知りたい人は10秒で分かるラストネタバレへ。

「ELI/イーライ」の作品ネタバレ

ストーリーネタバレざっくり紹介

イーライは免疫不全の病気を患っており外気に触れるだけで身体中がアレルギー反応を起こして火傷をしたように全身が赤くなる。落ち着くことで徐々に体は元に戻るが、父も母も精神的に限界を迎え「賭け」に出て最新の治療を受けることを決意する。

イーライ・母・父はイーライの免疫不全の病気を治すために洋館を改造した内部は最新鋭の空調設備を搭載した場所で治療を開始する。

初めての夜早速窓から外を眺めていると、外から息を吹きかけて窓を曇らせる謎の現象が起きイーライを怖がらせる。両親に訴えるが初めての外出にストレスを感じているのだろうと愛していると言うがないがしろにする。

治療室へ向かう電子ロックされた扉には何故か逆さ十字架がモチーフとなった不吉なデザインで不安を煽ってくる。治療は第一から第三段階まであり、第一段階はイーライの体から細胞を取り出す。その最中椅子の鏡面に反射した謎の男の顔を見かけて気絶する。

目が覚めて外を眺めると謎の女の子ヘイリーが。声をかけ互いに自己紹介をするが彼女の名前は不明のまま「この家の人に私は嫌われているから」「この家は何かがおかしい不吉」と怖いことを言って別れる。

そして部屋に戻る最中彼は恐怖の現象に襲われる。なんと見えない女の子(顔がボロボロ)が彼に襲いかかってきたのだ。父親の登場でことなきを得たが不安は最高潮になる。それでも女医は薬の副作用で強い幻覚が出ることもあるからとその場の全員をたしなめる。

第二段階は第一段階で取り出した細胞を元にした遺伝子改良された薬を投薬するが、イーライはここから徐々に体調を崩し始める。

ここから怒涛の勢いでイーライは怪奇現象に会いまくる。常人なら発狂しそうな勢いなのでお楽しみに。

自分の名前をELIと窓に書いたら「LIE」ライアー(嘘)と書かれてパニック。

更に閉じ込められたタンスのドアには大量の「LIE」嘘の文字が。

再びヘイリーと会話する機会があり、この病棟の不吉な謎を説明すると「ならここから出ればいいじゃない?」と言うが病気のため両親がいないと生きていくことができないと説明する。その直後背後から音が認め確認しにいくと見えない謎の幽霊たちに服を掴まれて扉の外に出されそうになるが間一髪救出される。

彼は叫び全員に訴えるが誰にも信じてもらえない。

イーライの母は父親と会話する。「女医と何の話をしたのか?」「この治療は実はリスクがあると言う話だ」と言う言葉を聞いて激昂する母、死ぬ可能性があるなんて嫌だ!私は出ていく!と荷物をまとめようとするが父親、女医の説得によって館に戻る。

女医のオフィスに忍び込みついに女医のカルテを全て見たが、イーライの前に治療に挑んだ3人は第三段階の治療で死亡していることが分かる。誰も助かってはいないのだ!

ここから逃げないと!と逃げようとするが両親も女医も話を聞かずにイーライを捕まえようとするがイーライは女医の隠し部屋に逃げて難を逃れる・・・

が、その隠し部屋にはキリストの十字架と謎の大きな石の蓋がされた井戸があった別の入り口から逃げようとしたが女医に鍵をされてしまう「全てを知ってしまったから逃すことはもうできない」と言って立ち去ってしまう。

そしてその場所に母親が現れて言う「あなたはアレルギーなんかじゃない、病気でもない・・・全てが終わったら説明するから・・・」しかしイーライの死んだふりに騙されて駆け寄った母親の頭を十字架で怪我を負わせて逃げるイーライ。

ヘイリーと出会ったガラス張りの部屋に逃げ込むがあっさりと捕獲されて意識を失う。

目が覚めると手術室。手足は拘束されている。

治療・・の準備ではなさそうだ。

十字架から取り出された短剣。聖書。そして聖水・・。

女医は聖水をイーライに振りかけ祈祷を始めるとイーライの前身は赤く腫れあがる。「魂を救済する」苦しむイーライを横目に聖書を読み上げ女医は短剣を振り下ろすが謎の力に阻まれて逆に自分の胸を突いてしまう。

全身が赤くなり目も赤く光り輝くイーライ。そこで視聴者も気がつく、あ、マジで悪魔憑きだった。と。覚醒した力で看護婦と女医さん人を逆さ十字の形にして一瞬で燃え上がらせて殺してしまう。

そしてイーライは母親に詰め寄り質問する。

「僕は何なんだ!!!?」

母親は衝撃の発言をする。

不妊だったこと。

神に何度も祈ったが答えが返ってこなかったこと。

だから他のものに頼ったこと。(悪魔・サタンとは一切言わなかったが「父親」に祈ったとだけ言うのみ)

一瞬の隙を突いて父親が短剣でイーライを襲うが逆に頭を砕かれて惨殺されてしまう。

そしてイーライは怒りの表情のまま母親の首に下げられていたロザリオを引きちぎり外へ。

廊下を一歩一歩歩くと足跡から炎が湧き起ころう館は燃え上がっていく。

外、イーライは久しぶりに外気を胸いっぱい吸って満足そうな表情だ。

車の横で待っていたのはヘイリー。とても満足そうな顔をしている。

「そうよ、あなたとは異母兄弟なの、父親に会いたい?なら一緒に行こう。」

「なんで言ってくれなかったなんだ?」

「パパが自力で解放しろって」

「じゃぁパパに会いに行こうか」

ヘイリーはイーライの母に「運転して」と頼む。

そしてイーライ・ヘイリー・母の三人は燃え上がる館を後に父親の待つどこかへと旅立っていった。

以上

10秒で分かるラストネタバレ

  • 実はイーライは免疫不全ではなく悪魔憑き。外気に触れると顔が赤くなる原因は不明。太陽が苦手ってわけじゃなさそうだよ!その辺の描写はぼかされている。
  • 母親がサタンにお願いして生まれたのがイーライ。
  • だから両親は初めからイーライは悪魔の子供ということを知っていた。
  • イーライが向かった特殊な治療設備は悪魔払いの設備でもあるけど、悪魔が発動する前に殺しちゃおうとするシスターが運営している施設。
  • 初めから遺伝子治療とかではなく、聖水を徐々に体内に入れるなど「悪魔払い」の下準備をしていたということ。
  • それでも母親はイーライの悪魔が取り除かれる(治療できる)と信じていたが、父親はどこか諦めていた節がある。
  • 女医(シスター)は既にイーライの前に3人の悪魔の子供を殺している。
  • ストレンジャーシングスのマックス役のヘイリーは異母兄弟だよ!そうだよ!彼女もサタンの子供。
  • あの心霊描写の一部はヘイリーの指示でイーライを外に出そうとする意思がある異母兄弟達の幽霊の仕業。あれは怖かった。
  • ヘイリーは全てを知っていた。

以上!

まとめ:Netflix映画『ELI/イーライ』驚愕のラスト全ネタバレを紹介

Netflixオリジナルホラー映画『ELI/イーライ』のストーリーんネタバレでした。

視聴後の勢いで書きなぐったので若干の差異はごめんなさい。

心霊描写は最高峰。

オチは何だか賛否両論。

そんな映画イーライでした。

問合せフォーム