Netflix:League of Legends Originsあらすじ感想評価の紹介

毎日2200万人プレイされているLoLの誕生秘話からプロスポーツ化で反発する世論までゲームを取り巻く環境を幅広く紹介してくれるNetflix:League of Legends Originsのあらすじ感想評価です。

先に言っておきますがやはりNetflixのドキュメンタリー作品にハズレなし!

eスポーツは聞いたことあるけど今更聞けない人

LOL(エルオーエルもしくはロル)・League of Legends (リーグオブレジェンズ)聞いたことあるけど良く知らない人へ。

  • LoLは気にはなっていたけど良くわからない。
  • eスポーツがどれだけ盛り上がっているか知りたい
  • ゲームは若者の暇つぶしと思っている
  • ゲームはスポーツではないと思っている
  • Netflixドキュメンタリーのおすすめある?

以上の疑問をお持ちの方、今後オリンピック種目になるかも?と言われる程に人気のスポーツ界を一から学ぶには最適な作品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

League of Legends Originsの感想評価

ドキュメンタリー作品の評価は難しい、出来れば”興味もない人をも”惹きつける題材、分かりやすく一から最後まで疑問を残さず、脚本や筋書きのない真実ならではの物語を淡々と紹介してくれる楽しさを提供してくれるものを高評価と言うのならこの作品は85点である。

はっきり言うと良作ドキュメンタリー映画である。

やはりというか確信だが、Netflixはドキュメンタリー作品が凄い。

今作は世界で初めて配信されてから10年経った今も世界で人気ナンバーワンを維持し続け世界中で毎日2000万人以上の人がプレイしているLeague of Legends (リーグオブレレジェンズ)の誕生秘話から貴重な初期試作品の映像・ラフスケッチなどファンにはたまらない情報から、ゲームがプロスポーツとして世界で認知されるまでの険しい道のり・徐々に浸透していくゲーム好きの輪と変わりつつある世論など幅広く分かりやすく紹介してくれるので見ごたえ抜群の作品です。

残りの15点はもっとLoLのゲーム作品自体の紹介もして欲しかった。どんなゲームというよりはどんなルールでどんなキャラがいるのか?である。そこまでいくとただのゲーム紹介作品になるからカットしたのだろうけど、個人的に知りたかったので・・。

ゲームはどんなイメージがあるだろうか?オタクがやるイメージ?根暗?暇つぶし?そんなイメージがある人はこの作品を見れば一気にイメージを一新してくれるはず。

とにかくこのゲームを愛する人たちはとても純粋にゲームを楽しんでいることがとても羨ましいと感じた

何万人もの人が巨大な一台のゲーム画面を凝視し全員で叫び、笑い、怒り、賞賛し、感動するのだ

日本ではありえない光景だ、どうしても、どうしても人とは違うことは相容れられない文化のため、ここまでいくのはまだまだ先に話になるのだろうが、ここまで暗いイメージのあるゲームが日本中で愛されるコンテンツになることを願ってしまう。

現在少しづつ日本でも聞こえ始めた「eスポーツ」も当初はアメリカでは「ゲームは若者が暇つぶしにやるだけだ!ゲームがスポーツ?フザケンナ!冒涜だ!」とおじさん達に笑われていた時代より前に産声をあげたLoLの誕生秘話から、アングラのイメージから一新されて世界中で評価されてきた途端に「NBA(プロバスケットボール)のオーナーが投資を開始して自らゲームチームを立ち上げる」など”投資”の対象となる程世界中の人たちが注目するまでに至った経緯などまで、ただのゲームの誕生秘話ではなく、背景もしっかりと描かれているため見ごたえが抜群なのだ。

個人的にグッときたのはやはりLoLが人気を博しプロスポーツとして登録したニュースが出た際。ボロカスに評価していた解説者がいた「他人がやるゲームを見るだけが何が楽しいんだ?」と言う中、徐々に「あなただってスポーツを観ているだけじゃないか?」「妻はゴルフに興味がないから見ないと言うが何が違うのか?」「あなた達と同じ、人がやっているスポーツを見るだけだ」。ただただゲームを批判したい老害解説者とは一線を画して冷静に解説している人もいたりと世界はこうやって徐々に一般の人たちにも浸透していったんだなと面白い。

そして世界中で活躍しているプロゲーマーの活躍。世界中で愛されるアイドル・俳優並みの扱いでサインもファンへのサービスも行うあたり、とてもじゃないが真似できない凄い精神力を持った人たちということが分かる。

そして最後にオンラインゲームならではの「匿名性を利用したヘイト問題(差別用語)」も興味深い。世界中では差別は愚かな事と浸透していっているが水面下では以下に差別したい意識を抑圧していたのかがよく分かる。LoLも例外ではなく女性プレイヤーというだけで「今すぐキッチンへ行け」「ここは男の戦場だ」などと悲しいメッセージから、ここでは書けないような過激な言葉も多々ある。通常はBANと呼ばれるアカウント自体を削除してしまう方法が取られているがLeague of Legends の制作会社であるRIOTGAMEは別の方法でなんとこのヘイト問題を解決に導いたお話。これも面白い。

と、このように一本のゲームから広がった様々な問題や感動を余す事なく私たちに紹介してくれる内容となっており、ゲームに興味がない人もある人も今後より人気となっていく「eスポーツ」に興味を持つ良い教材となる事請け合いです。

少しでもゲームに興味があるなら見て欲しい作品です。

スポンサーリンク

League of Legends Originsの内容ざっくり紹介

ざっくりとですが今作はどんな内容かを解説。これを見ればある程度どのようなことを紹介している作品なのか?が分かります。

今後オリンピック種目になるかも?と言われる程に人気のスポーツ界を一から学ぶには最適な作品です。

  1. League of Legendsはどうやって出来たのか?
  2. 二人の創業者の素顔(ただのゲーマーだった)
  3. 制作会社のRIOTGAMEはLOLが初めて制作したゲーム。
  4. League of Legends Origins以外に制作していない。
  5. プロトタイプ(試作品)段階の貴重な映像
  6. 初めてアメリカでお目見えした時の苦労話。
  7. 当時のオンラインゲームたちとの比較
  8. 課金すると強くなる行為は一切やらない理由
  9. まさかの世界大会で衝撃の事件発生
  10. それでも人気が続きまくり世界145カ国で愛されるゲームになった訳。
  11. LoLのトッププレイヤーのインタビュー。
  12. プロプレイヤー達のその後。
  13. ゲームがeスポーツと呼ばれた際のアメリカの評価。(驚くほどクソミソに言われまくる映像付き)
  14. 意外なヘイト問題解決策。
  15. そして現在LoLはどれほど愛されているのか?

気になりますよね!

スポンサーリンク

まとめ:Netflix:League of Legends Originsあらすじ感想評価の紹介

見ごたえで言うのならサンダンス映画祭で短編ドキュメンタリーの賞を受賞した「シュガーランドの亡霊たち」よりも面白い。分かりやすいし世界でどれだけの人が楽しみゲームをしているのか?が伝わってくる内容である。(シュガーランドの亡霊たちはもっと冒頭で何の話かをしっかりと伝えてほしかった)

そもそも私はゲームが大好きである。

残念ながらeスポーツに登場するゲームはやってはいないのだが、良くストリートファイターⅤの対戦動画は日本人プロゲーマーの梅原大吾さんを応援するために良く子供と一緒に見る。

だからこそNetflixで新着で2019年に配信したばかりのeスポーツ界で最も賞金が高くプレイ人口が多いとは聞いていたLeague of Legends (リーグオブレジェンズ)を紹介するドキュメンタリー作品だなんて!

とても気になる存在であった。本当はやりたかったが、PCでゲームをする習慣がないためいつか家庭用ゲーム機が出るまではいいかなと思っていた。

が、ここで出会えた。

満足の内容と出来。

良いドキュメンタリー作品に出会えました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Netflix
スポンサーリンク
have a good job

問合せフォーム