Netflixで攻殻機動隊の新作SAC 2045配信決定も不安しかない理由

初の予告動画と監督の紹介で不安を感じた攻殻機動隊シリーズファンの為に現時点で出ている情報と不安の理由を紹介!

せっかくのイリヤ・クブシノブ作品もCG化するとここまで魅力が半減するのかよ!など

落ち込むのか?楽しみに待つのか?

私はめっちゃ地雷と思っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Netflix:「攻殻機動隊 SAC_2045」の最新情報と不安の理由

現時点で開示されている情報を紹介

監督が不安。一人絶対にいらない。

最近では足りない能力を互いに補い合うのが流行っているのか?今作ではなんと監督が二人組み。

どう見てもどちらかはいらない名前にファンも期待外れだろう・・・。

一人目は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」で第二次攻殻機動隊人気に火を点けたアニメシリーズの監督「神谷健治」。劇場版で世界中に衝撃を与えた攻殻機動隊をテレビシリーズに落とし込み前評判を見事に覆して世界中で賞賛を浴びたテレビシリーズ。劇場版と原作の設定を見事に生かしきった内容に新規ファンを一気に増やした立役者。

この人だけが、この人だけで監督すれば良かったのだが、今回Netflixで発表された新作の監督は二人組だと言う・・・。

なんと。。二人目はアップルシードの監督「荒牧伸志」さん。この人、面白い作品作ったことあんの?ってぐらいの印象。

攻殻機動隊の原作者士郎正宗さんのSFコミック「アップルシード」で賛否両論を巻き起こす駄作製造機監督(個人的意見)。

というのもフルCGアニメ映画「アップリシード」も「アップリシードアルファ」は最高峰の画質で見る人を驚かせるのだが、演出・脚本・セリフ・声優の配役が最悪で「まるで人形劇」と言わしめるほどで原作ファンからは総すかんを食らっている。

そんな人の最新作はSFファンにはカルト的人気を誇るスターシップトゥルーパーズの劇場版フルCGアニメでして・・・くそ駄作だったんですよ。

最高の料理にハチミツぶちまけるが如し内容(勇次郎より)

無駄におっぱい出すし。

無駄に日本を意識したクソ寒いやりとりと演出。

え?この人映画見てないんじゃないのか?

設定集だけ見て独自解釈したのかな?

クソアンドクソで当時金払って見た自分を恨んだほど。(バーホーベン版が大好きなんだ!)

そんな荒巻さんが監督の一人として名を連ねている時点で、、、あ、駄作かもとなりますよね。

スポンサーリンク

イリヤ・クブシノブとは合わない世界観。

これは驚いたがまさかのキャラクターデザインがイリヤ・クブシノブさん。Instagramで100万人を超すフォロワーを持つ超人気イラストレーターです。私も個人的に大好きな人。

透明感のある絵は日本人好みで、実際にイリヤ・クブシノブさんは劇場版押井守さんの攻殻機動隊を観てイラストレーターを志した程だったようです。ここから一気に日本カルチャーに興味を持ってAKIRAやBLAME!(渋い)から「ヨコハマ買い出し紀行」(まさかのアフタヌーン推し)まで様々な漫画に触れ合っていたそうな。

だから攻殻機動隊のキャラデザに抜擢は驚きましたが、イリヤさんのガッツリ書き込み系からイラスト風美少女まで見事な表情を生かした・・・・

草薙素子少佐が・・・

透明感のある美少女にイィ!!!

違うんだって

違うんだよ

少佐はさぁ

もっと初期っぽくアンドロイドっぽく

ちょっと硬い表情が良かったんじゃんかよ!

なんだよ!いつの間にかテレビアニメ版が正規品みたいな扱いのキャラデザは!

少佐はさぁ!

もっと劇場版っぽくさぁ・・

ってことです。

個人的見解です!

スポンサーリンク

最近のNetflixオリジナル作品の不発っぷりから不安

そんな私もNetflix信者となって数年。アニオタの嫁と小さい子供のおかげで様々なアニメを鑑賞してきましたが。

正直最近Netflixオリジナルアニメ作品は駄作と良作の幅がひどい印象。

BLAME!はあの世界観を見事に落とし込みファンも納得、

デビルマンは湯浅監督のおかげで世界に誇る最高峰のアニメ作品に。

しかしその他のB the beginningも冒頭だけ楽しめたが徐々に減速していく内容とどうでも良い続編ありきなオチがクソ。

7SEEDSも原作の少女漫画とは思えない血みどろ感と不穏な空気、リアルな暴力描写が足りない印象。原作はもっと不幸だっただろうが!

AICOも最初から最後まで面白みが全くないSF作品だったし。

リラックマはクレイアニメ?CGで蘇ってくれて嬉しかったが、主役のリラックマを置き去りにしてアラサーの独身薫さんの悲哀が前面に出て気軽に楽しめない内容。

こんな感じ。

海外製のアニメセイスマノスもクソだったし。

オリジナルではないけど、ニンジャバットマンもくそだったし、

そんな中、Netflixの潤沢な予算で作り上げた”日本製”フルCGアニメなんて特に不安。

あのニンジャバットマンを作り上げた神風動画の最新作「スタージル・シンプソン SOUND FURY」なんて音楽性を無視したマスターベーションみたいな映像を見せつけてくるだけだった。

同じNetflixで製作されたMVでレディオヘッドのトムヨークの新作アルバムANIMAのプロモーションビデオの出来が見事だっただけにオリジアンルMVを楽しみにしていただけに残念だった。

そんな中、ネットフリックスの潤沢な予算を確保して作り上げられた新作攻殻機動隊の新作SAC 2045は期待しすぎない方が良さそうというのが印象。

スポンサーリンク

まとめ:Netflixで攻殻機動隊の新作SAC 2045配信決定も不安しかない理由

監督は神山監督だけにしよう。

イリヤ・クブシノブさんの絵が動くのは嬉しい、だけどあんなに可愛いのは草薙素子さんじゃない!声優だけ一緒でもな。

私はいつも期待しすぎるから落ち込むのだ。

平常心を保って心待ちにしよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Netflix
スポンサーリンク
have a good job

問合せフォーム