米グラミー受賞したビリーアイリッシュとは?アルバムの感想と紹介




「ビリーアイリッシュとは」の画像検索結果

米グラミー受賞したビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)とは?最新アルバムを聴いてみた感想とみんなの反応紹介

ビリー・アイリッシュが

第62回グラミー賞で主張4部門独占史上最年少で受賞の快挙。

  • 年間最優秀レコード
  • 年間優秀アルバム
  • 最優秀新人賞
  • 年間最優秀楽曲「bad guy」
  • 最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

の5部門。

若干18歳にして全米で最も権威のあるグラミー賞を総なめにした彼女の代表曲は「bud guy」

グラミー賞の主要部門を独占受賞したのは39年ぶりの史上2度目の快挙。

映画007シリーズ最新作ノー・タイム・トゥ・ダイの主題歌にも彼女の新曲「everything i wanted」が提供されることが決定している。



ビリー・アイリッシュの受賞アルバム「WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」を聞いた感想。

待望のフルアルバムを早速聴いてみた。

発売は2019年3月28日。

全体的にまとまりのある楽曲で外れ曲がないのが印象。

つぶやくように歌う。

アデルのような力強さではないが、
ビョークのような広い音域でもない、

ただつぶやくような歌声。
最近流行のASMRの感覚が近いかも。

聴いているとうっとりする。
ほんわかと聞き入ってしまう。

「ビリーアイリッシュ アルバム」の画像検索結果
ジャケット怖すぎるだろ。
音楽と真逆な印象を受けるこの表紙が
彼女を物語っているのか?

耳に心地よいのだ。

トムヨークのアニマとかこんな感じだった。
それよりも耳にやさしく呟くような歌声が良い。

さすがグラミー賞を受賞というだけのことはある。
これはCDを購入すれば良かったかも(我が家の最大の品質を誇る音響設備はCDのみしか入らない)

個人的にはグラミー賞を受賞した「bad guy」よりも「whe the party’s over」や「ilomilo」の方が好き。

bad guyは全体的に暗い。

が、その他の楽曲は彼女の歌声が活きいきとしており楽しそうに歌っているように感じた、英語もわからないし印象だが、はかなくかすれた声、繊細な声が好きだ。

音楽も全体的にポップで楽しくなる。

ドライブ中に聴いたら楽しいかも。

PR

米グラミー受賞したビリーアイリッシュとは?みんなの感想の紹介

まとめ:米グラミー受賞したビリーアイリッシュとは?みんなの感想の紹介

いかがでしたか?

音楽は大好きで作業中は常に世界中の音楽を聴いていますが、自分から探すことはなく偶然の出会いを楽しみにしています。

しかしグラミー賞だけはは毎年楽しみにしていて受賞したアーティストの音楽を聴いてまた一年を過ごし楽しんでいます。

今回は当たり。

ビリー・アイリッシュ。

最高ですね。

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!