トイレットペーパー品薄デマを流した犯人処分へ。どこの職場か?

新型コロナウイルスの影響で中国から輸入ができなくなりトイレットペーパーが品薄になると”デマを流した犯人処分”へ。どこの職場の人だったのか?

たった一人のデマによって

アメリカ・ドイツ・イタリアのトイレットペーパーも買い占めが始まってしまったこと。小さな呟きが洒落にならない恐慌を起こしてしまいました。

アメリカ
ドイツ
イタリア

彼はどこの職場の人物だったのでしょうか?

スポンサーリンク

トイレットペーパー品薄デマを流した犯人処分へ。どこの職場か?

デマを流した人物といわれる「ゆうじ」が働いていた

米子医療生活協同組合(地域住民で出資しあい共同で医療機関・介護施設を運営する組合)」の公式HPトップで理事長による謝罪とゆうじの処分を行う旨の文章が掲示されました。

現在Twitterを確認することはできませんが、医療生協と呼ばれる地域住民全員で助け合う組合に所属していた人物だったようです。

ひょっとすると「人助けのため」だったのかもしれませんが、小さなつぶやきが日本中でトイレットペーパーなどの品薄となり「本当に必要な人に届かない」事態を引き起こしてしまったことは事実です。

PR

タイトルとURLをコピーしました