宮崎県初のコロナ感染者はどこに住んでいた?どこの病院へ?経路は?

「コロナ」の画像検索結果

宮崎県初のコロナ感染者はどこに住んでいた?どこの病院へ?経路は?実はアメリカ滞在していた?どこで感染したのか?



70代男性の感染経緯の紹介

宮崎県のHPで今回初めて新型コロナウイルス感染者となった経過を紹介しています。

現在症状は安定している。

3月1日発熱・倦怠感・食欲不振

3月2日医療機関(院名は伏せ)で服薬、胸部X線確認したが肺炎は認められず・インフルエンザも陰性。

3月4日病状が改善される再び同じ病院を受診。

同日:その再受診した病院から保健所に相談、PCR検査を実施した結果陽性と判明

PR

どこで感染した?経路はアメリカか?

宮崎県のHPで調査中としながらも判明した行動歴が紹介されており、70代男性は

2月20日〜26日の7日間アメリカ(ロサンゼルス)に滞在していたことがわかりました。

そして2月27日羽田空港から宮崎空港到着。

自宅にはタクシー利用、移動時はマスクを着用。

帰宅後2月27日〜3月1日までは自宅で過ごしていた。

ここまでが判明しています。

宮崎県初のコロナ感染者はどこに住んでいる?どこの病院へ?

現時点では宮崎市以上の情報は発表されておりません。

病院は市内で最も大きく感染者対策ができている宮崎大学医学部附属病院に搬送されたのでは?と言われています。

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!