山梨男性新型コロナと髄膜炎で危篤状態。ワクチンは効かないのか?

新型コロナ感染男性がウイルス性髄膜炎で重症。重い後遺症を残す可能性が高い髄膜炎は幼少期のワクチン摂取によって予防できるはずですが、効かないのでしょうか?

髄膜炎詳細はこちらから。かなり恐ろしいことが分かります

髄膜炎とは?原因・症状・治療予防法・高確率の後遺症などを解説

山梨男性新型コロナと髄膜炎で危篤状態。ワクチンは効かないのか?



山梨男性新型コロナと髄膜炎で危篤状態。ワクチンは効かないのか?

髄膜炎とは脳と頭蓋骨の間にある髄膜にウイルスが感染して炎症を起こします。

髄膜炎は誰にでも起きる病気で0ー4歳で起きる可能性が最も高く最近ワクチン接種によって予防ができます。近年ワクチン接種が無料となり小さな子供たちは予防接種を受けていますが、私たち大人はワクチン接種をしていない人も多く誰にでも発症の危険があります。

そんな中

現在更に詳しい調査を行っているとのことですが、

新型コロナウイルスが髄膜炎発症のきっかけになった事例は初となる為驚きの声が上がっています。

感染率が高い新型コロナの合併症で死亡率が高く、治療しても重い後遺症が残る髄膜炎にかかる可能性がある。

どれほど恐ろしいことでしょうか。

髄膜炎は以下

  • ヒブワクチン
  • 小児用肺炎球菌ワクチン

この二つワクチン摂取によって細菌性髄膜炎がほぼ予防できます。乳幼児は無料なので幼稚園・保育園・学校生活が始まる前にワクチン接種をしておきましょう。

現在詳しい調査が続いているそうです。

髄膜炎とは?原因・症状・治療予防法・高確率の後遺症などを解説

PR

新型コロナ髄膜炎発症の感染経路は?

男性の生活圏は南アルプス市と昭和町が主な生活圏であるということしか発表されていません。

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!