ヤフオクが隠語マスク転売者のID削除処置か?メルカリは?

ヤフオク!で「ホチキス」などの隠語でマスクの高額転売をしていたアカウントが削除されました。大手企業の迅速な対応か?と称賛が送られる一方、メルカリではどんな対応をしている?を紹介。

しかもどうやらこのホチキスはともかく、「ペン緑」などの言葉は、違法薬物取引で利用されていた隠語である。

この隠語を利用し転売を行なっていた業者は薬物取引の知識もあるのか?



ヤフオクが隠語でマスク転売者のID削除処置か?

ネットやTVでヤフオクで隠語販売を繰り返す業者が報道された。

「これはマスクですか?」

「在庫は40000枚あります」

「ホチキスを購入いただければ相談します」

などのメッセージのやり取りも確認されており、ホチキスの替え芯を購入することで「マスクがついてくる」ような誘導をしていた。

15日のマスク転売禁止法が制定されるまでの間にキツイ追求を逃れるために業者はあの手この手で販売をしているようだ。

しかしネットやTVで話題となったことで出品元であるヤフオクがこの隠語転売者のアカウントを削除させた?と話題になっている。

削除されたアカウントを調べると指定されたドキュメントは存在しませんとでてくる。話題となって自身で削除したのか?ヤフオクが削除したのかは不明ですが、40000枚もの在庫を抱えた転売業者、次はどのような手口で在庫処分をするのでしょうか?

PR

メルカリは?

大手フリマサイトメルカリでは「マスク」で検索すると適性価格?かは不明ですが高額転売は見事に対処されています。

隠語で使われている「ペン」「ホッチキス」などの日用品・救急用品カテゴリーで検索しても見つかりませんでした。

メルカリの対応かは不明ですが一見転売はなくなったかのように見えますが。

本気でやる人は

もっと探しにくい違う言い換えた言葉で転売しますよね。

そうなったらどうしようもない気がしました。

定価価格だからとヤフオク・フリマでマスク購入が危険とは?

実は今度はアマゾンなどの通販サイトでは

「頼んでいた商品とは違う物が届いた」

という被害が起きています。

安くなったからといって安易に手を出すのはもう少し控えましょう。来週には増産されたマスクの買い占めを老人たちが控えればきっと店頭に並ぶはずです。

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!