トランプ大統領発令の国防生産法とは?コロナは戦争よりやばい?

トランプ大統領発令の国防生産法とは?コロナは戦争よりやばい?え?大統領に全権を与えて経済も生産業全てを牛耳らせるる危険な法案?



トランプ大統領発令の国防生産法とは?コロナは戦争よりやばい?

超ざっくり解説すると国防生産法(Defense Production Act)とは

アメリカ大統領の命で

国防という名の下にアメリカ国内の資源の生産・供給・販売も管理するため配給制となる可能性となる。

民間企業は全てトランプ大統領に権限を握られて国有化したのと同じになり、人的資源・生産計画全てを管理されます。

さらにざっくり言うと

トランプ大統領にアメリカ企業全てを牛耳れる権を与えられます。

  • 全企業に命令する権限。
  • 国防を最優先するために必要な権限。
  • 国民の経済を管理して必要な情報であれば貴重な資料も防衛の名の下に全て利用できる権限。

この3つが主なセクションです。これは原文をわかりやすくしただけなので、実際にトランプ大統領は国防生産法をどのように何を国防のために生産管理するかは明確にされていないので正直怖いです。

以前からトランプ大統領が国防生産法を発令して生産拡大を検討すると言っていた「マスク・防護服」が今回の国防生産法の要と思われますが、

現時点では必要とされていたマスクと防護服だけの生産を国が命令する形で終わればいいのですが、コロナの影響が長引くとなった場合、食料も配給制になるなど、「なんでもできる」法案とも言われています。

過去には2011年にオバマ大統領指示で電気通信会社に機器の提供を強制させるために使われたとされています。

この法律には3つの主要なセクションが含まれています。最初の議長は、大統領に企業が国防のために必要とみなされる契約への署名または命令の履行を要求することを許可します。 2番目は、国防を促進するための材料、サービス、施設を割り当てるメカニズム(規制、命令、機関など)を確立することを大統領に許可します。 3番目のセクションでは、大統領が文民経済を管理し、国防の努力に必要な貴重な資料や重要な資料を防衛ニーズに利用できるようにします。[3]

同法はまた、大統領に財産を要求し、産業界に基本的な資源の生産と供給の拡大、賃金と価格の管理、労働争議の解決、消費者と不動産の信用の管理、契約上の優先事項の確立、国防に向けた原材料の配分を強制することを許可しています。[3]

DPAの下で契約を結ぶ大統領の権限は、1970年代以来、国防総省(DOD)が最も頻繁に使用する法律の一部です。同法の他の機能のほとんどは、商務省の産業安全保障局の戦略産業経済安全保障局(SIES)によって管理されています。[4]

防衛優先度および配分システムは、契約および発注書の格付けシステムを制定しています。[5]最優先事項はDXであり、国防長官の承認が必要です。次のレベルはDOであり、その下は評価されていない契約です。

Defense Production Act wikipedeia翻訳より引用

自由の国アメリカが管理を強制することになるほどとは、新型コロナウイルスは戦争よりも脅威ということでしょうか?

そして会見では改めてトランプ大統領は新型コロナ(COVOD-19)を「中国ウイルス・中国から来たウイルスだ」と断言。

強固な姿勢は構いませんが、国防生産法を発令するほどに行き詰まっているのですから、これ以上場をかき乱すのは勘弁してください。まずは自国民を大事に。

と思いました。

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!