送りつけ商法マスクは14日間放置したら自分ものは本当?




アベノマスクと思いきや注文していないマスクや消毒液が一方的に届いた場合はどうするべきか?実は「受け取ったら14日間放置すればもうあなたのものに」なるのは本当か?送りつけ商法にあったらどうするのか?ネットの噂を紹介します。

画像引用:Ben White



送りつけ商法マスクは受け取り後14日間放置して自分ものになる?

アベノマスクが届いた!と思って受け取ったら「購入した記憶のないマスク」だったら要注意、最近流行の「送りつけ商法」です。

一番の対策は受け取らないことです。

が、ポストに入っていた理するのでどうしようもないですよね。

とりあえず受け取って中身みましょう。

  • 箱を開けたらもう返品できません。
  • 箱を開けたら受け取ったとみなします。
  • 7日以内に代金振り込みしてください。
  • 返品は元払い(自分払い)で送ってください。

などいろいろ悪徳業者によって変わりますが大体がこんな感じです。

それでも自分が買ったものではないなら無視してください。

ここで業者に電話すると悪徳業者の思う壺。あることないことやNHKの集金屋のような完璧なマニュアル武装した業者はべらんめぇ口調で脅し気味に

  • お金払わないならどうなるか分かりますかぁ
  • 返金しないと泥棒ですよぉ
  • 裁判がぁ
  • 普通受け取ったらお金払いますよね

などと言ってくるだけなので電話しちゃダメです。ちなみにこれひと昔はやった蟹や牡蠣などの送りつけ商法に電話した際の親戚が電話した際のやりとりでマジで言われたことです。

この場合は蟹アレルギーの親戚の家にタラバガニ?が代引きというアホな方法で送りつけられたので速攻受け取り拒否できたこと、念のため業者に電話したこと(結局のところ受取拒否したんですけどと言ったらガチャ切りされた)で問題は発生しませんでした。

しかし全国では受け取り時に代金請求をしてしまった人、受け取った後に請求が来て払ってしまった人が跡を立ちませんでしたので旨味を知った業者が再び暗躍しているのでしょうが、今はネットの時代。

簡単に撃退できるんです。

それが

ポストに投函されていたアベノマスクではない謎の商品が届いた場合は14日間放置しましょう。14日間使わなければ商品を「自由に処分する権利」があなたに移行します。

念のため一時期流行った送りつけ商法の対策について被害にあった長野県の悪質商法への対策方法を引用します。

一方的に送りつけられただけでは、代金の支払いも返送の必要もありません。

特定商取引に関する法律」に基づき、商品が送られてきた日から14日間(商品の引き取りを販売業者に請求したときは、その日から7日間)を経過すれば自由に処分できます。

ただし、保管期間中に商品を使用した場合、購入を承諾したとみなされ代金を支払わなくてはならないことになるので注意が必要です。

代金引換で届くこともありますが、支払ってしまうと返金交渉は困難です。申込者が不明なものは「受取保留」にし注文した人がいるのか確認しましょう。(郵便物は郵便局に保管されます。)誰も申し込んでいないことがわかった場合は「受取拒否」をしましょう。(郵便物は郵便局から送り主へ返送されます。)

長野県HPより引用
PR

まとめ:14日間放置したら自由にしていいは本当

知りませんでしたが調べてよかったです。

そんな簡単なんだ・・・。

以上です。

シェアしてくれたら嬉しいです