馳浩氏少女支援団体へセクハラも謝罪せず無意識だと反論し大炎上




家にいれない虐待暴力被害に逢う少女を支援している「Colabo」が運営しているバスカフェに視察に来た馳浩や国会議員が「5名まで写真NG」と言われている中15人の集団で登場し無断撮影や接近、馳浩は女性の腰に手を当てるセクハラ行為を行ったとして批判されていたが、馳浩は代表に謝罪どころか無意識だったと反論することでこの件を締め括ろうとしていたため大炎上。

許してはいけない議員の愚行を紹介します。



馳浩氏少女支援団体へのセクハラ謝罪せず無意識だと反論し大炎上

https://colabo-official.net/projects/tsubomicafe/

少女支援団体の「Colabo」は都内の徘徊する少女達の支援と保護をする団体。家にいたくない、それぞれの想いを尊重し、気軽に非難して相談できる場所としてバスカフェ『Tsubomi Cafe』を開店、10代の少女だけが来店できる場所だ。訪れた少女に対して相談だけではなく、避難所として食事の提供、物品提供、弁護士相談所警察病院への同行支援などを行っている。

馳浩はそこに目をつけた。

前述の通り心と体に傷を負った少女が集まり非難している場所、働いている従業員もだ。だからこそ視察の際は写真指定の場所のみ、5名だけの受け入れ可能であることを発言していたが、現れたのは自民党の馳浩、阿部俊子率いる15名程度の団体だったこと、カフェの設営中力関係を誇示するかのように大声で部下を怒鳴りつける馳浩、それでも写真を撮り続けようとする謎の男、あいさつすらしない馳浩、その間設営中の10代女性に「ちょっとどいて」といいながら後ろを通る際に腰に手を当てるセクハラ行為や女性軽視の言動にたいしてセクシャルハラスメント行為についての抗議文と要望書が発表された。

https://colabo-official.net/wp-content/uploads/2020/04/e15191a1ce1f7cc6364f14482462d8c0.pdf

全文は上記リンクから見ることができます。

PR

馳浩氏「深くお詫び」少女支援団体のセクハラ抗議に

と様々なメディアで掲載されているが、これらは「全て自身のHP上に掲載されたことであり、実際にはその1日で行った政治活動日記の中にこんなことがありました程度の記載でしかなく心から謝っているようには感じなかったと思ったのは私だけではなかったです。

https://ameblo.jp/hase-hiroshi/entry-12592210830.html

しかもセクハラについては言及せず、メディアの報道で腰に手を当てたかどうかは全く意識に残っておりません。しかしそれが事実ならば大変申し訳ないことであり、心より深くお詫びもうしわげます」とだけ言及。

この発言すらも、意図をしていなければ何をしてもいいのか。

女性軽視の意味が分かっていない。

これは謝罪ではない。

電話も直接会うのではなく自分のHPに謝罪文載せるのって誠意がある行為か?

阿部俊子もメッセージで送っただけだろ前ならえしただけだしこんなもんだろ。

いやいやいや、不要不急の公務を何してんだよ。

などと炎上中。

が、当の馳浩にはどこ吹く風、以降更新もしなければいつも通りの対応を続け今日も政治活動を続けているようです。

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!