手作りマスクで損害賠償請求?個人販売の注意点とは?




マスクの転売はNGだけど自作マスク販売も損害賠償請求される可能性が出てきました。何が大丈夫で何が危険なのか?自作マスク販売する際に気をつけたいことを紹介します。最後にオススメの生地専門店も紹介するので安全安心なマスク作りができますよ。



手作りマスクで損害賠償請求?個人販売の注意点とは?

とりあえず先に伝えておきたいのは、自作マスクは個人で楽しむ為に提供されていることが多く糸から生地を作り上げた布でマスクを自作したのを販売するのでないのなら、既に誰かが作った物を使って(借りて)いるということを覚えておきましょう。

その相手が勝手に販売するな。となったら著作権侵害に当たる可能性が出てきます。

型紙提供者も販売を望んでいない可能性

このように検索すれば大量に出てくる型紙を元にマスク自作する方が多いと思いますが、これらは全て「自分用」のマスクとして作るための型紙であり決して販売用ではない、ということを覚えておくと良いかもしれません。

自宅用として提供した型紙から高額な自作マスクとして販売されるのは心が痛むと思っている人も多いようです。
なので最近は「この画像型紙から作ったマスクでの販売はしないで欲しい」などの注釈がある型紙サイトも出てきたので型紙をDLする際は注意が必要です。作り上げたマスクからこれは「自分用」だと分かる製作者はいないので現在は泣き寝入り状態です。

ちなみに我が家で活用している自作マスクブログはこちら。男性向けの大きさなので助かります。(もちろん販売なんてしていません。)

PR

その柄は著作権侵害かも

注意すべきはそのマスク生地の「柄」です。マスク自作でフリマアプリなどで検索すると出てくるアンパンマンやトーマスやプリキュアなどの明らかに国民的人気のキャラ生地を使ったマスクたち。

例えばこのメルカリの画像生地に使われている「ミニオンズ」と呼ばれるキャラクターは米国のユニバーサル・スタジオ社が知的所有権を所有しており手芸のトーカイにあったとしても著作権フリーの素材になるということはないので、目をつけられたら怖い場合はユニバーサル社、もしくは生地の販売店舗に一度確認すると良いですね。

生地にも著作権がある

あの柄可愛いと購入したら実はブランドモノのだったなんてことも、メルカリにも過去に生地関連でイザコザがあったようです。この記事でも紹介されていますが可愛い布生地を使って販売許可をもらおうとしたら「ほとんどのブランドが個人で楽しむ分にはOK,販売目的はNG」と結論付けているので注意してくださいね。

もちろん商用全然問題なし!と宣伝している生地屋もあるので安心できる場所で購入するのが一番問題ありません。たとえばここ、

PR

どこで布を買えば安心か?

布専門店で購入前に確認する。商用OKの生地販売店から購入する。

明らかに知っているキャラクターがプリントされた柄は基本的に危険。

型紙も商用OKの場所を探す。

これら全てがOKなのは

無料型紙と布の通販サイト「nunocoto fabric」ということになるので楽しんで利用していきましょう。

布専門店 nunocoto fabric

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!