休校中の妊娠相談急増は日本の性教育不足?性暴力?何が悪い?




pregnant woman wearing yellow floral dress standing while touching her tummy and facing her right side near brown field during daytime

休校中の妊娠相談急増。

女子生徒からの相談が多く

「望まない妊娠」と言っているようです。

ネットでは

家庭内性暴力の可能性

親家族の教育不足

日本の性教育不足

相手の彼氏の思いやりのなさ

男を見る目がなかった

などの様々な意見で議論が続いています。

あなたはどう感じますか?

どれが悪い良いなのでしょうか?

紹介します。

画像引用:Yoav Hornung



熊本休校中の妊娠相談急増

pregnant woman holding petaled flowers
Ashton Mullins

驚きのニュースです。

 親が育てられない乳幼児を受け入れる

「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」

を運営する熊本市の「慈恵(じけい)病院」は

11日、4月に同病院の妊娠相談窓口に寄せられた中高生からの相談が過去最多の75件に上ったと発表した。

同病院で記者会見した蓮田健副院長は

「新型コロナウイルスの影響で学校が休みになって引きこもり状態になっている。その中で性行為の機会があって望まない妊娠になっている場合もある」

と指摘した。

中高生の妊娠相談過去最多 新型コロナによる休校影響か 熊本・慈恵病院

全国から「学生」同士の性交渉をした結果望まない妊娠になったのでどうすればいいかわからないなど、女子生徒からの相談が多いようです。

親は通常の仕事をしているのに

休校中で暇を持て余した子供・学生が

このような行為に至るのは仕方ないような気がします。

新型コロナの影響で様々なことが起きていましたが

親が子供をしっかりと見ておかないとこのような事態になるのか、と改めて子供と親の関係が大事だなと私は思いましたが、ネットではとある言葉がきっかけで話題になっています。

それは

「親がしっかり教えないのが悪い」

「家庭内性暴力の可能性もある・・・。」

「彼氏が最悪なだけじゃないか?」

などの意見がきっかけに議論が続いています。。

PR

性暴力?教育不足?ネット様々な声

日本の性教育は昭和から変わらず

Yoav Hornung

わが国の性教育の現状と課題
(齋藤益子氏著、日本性教育協会「現代性教育研究ジャーナル」87号、2018年6月発行掲載)

によると日本の性教育の方針は

  • 小学四年生、体の発育・発達の教育
  • 中学生、第二次性徴と感染症
  • 高校生、性感染症と妊娠出産・結婚生活について

自分の体、特に生殖器についてを

保健体育の時間に教育しますが

体育を中心にしている場合雨の日体育館が空いていない場合だけ行われる「保健体育」として学ぶ機会があるだけで積極的に教育現場では取り入れられていないのが現場のようです。

しかし性はそんな簡単なものでしょうか?

men wearing black sunglasses outdoors during daytime
Brian Kyed

LGBTなどの性的マイノリティーや性差別・性暴力・性虐待・性犯罪など幅は広いはず、

察して欲しい。という日本独自の感覚で性とはセックスでありあまり大きな声で言ってはいけないこととしておざなりにされてきているのも問題だ。

コンドームの付け方を教えるのは高校生から?

子供にはまだ早い?

そんな学校教育と

その教育を受けてきた学生

秘事として蓋をする親

知識もないままに性衝動の赴くままに交渉すればそうなりますよね。

悪いのは隠してしまう私たちが原因かもしれません。

PR

まとめ:誰が悪い?

少子化問題解消などと気軽に言えない自体に

女子高生からの望まない妊娠相談が過去最多。

何故ゴムをしなかったのか?

知識がなかった?

相手の思いやりがなかった?

未来を想像できなかった?

ただただ馬鹿だった?

コロナのせいか?

親のせいか?

教育のせいか?

一刻も早く望まない妊娠がなくなる日本になって欲しいものです。

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!