ものもらいの原因はストレス?最新予防と対応法を学ぶ

プールや海で目に違和感?腫れてゴロゴロと異物感?それはものもらいかも?ものもらいはストレスで発症して繰り返す?ものもらいの正しい知識を得て適切な予防と対応方法を学びましょう。

ものもらいとは

炎症などでまぶたが腫れ上がる病気。細菌に感染してまぶたにうみが溜まる「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と脂がたまる「霰粒腫(さんりゅうしゅ)の2種類に分かれている。厳密には麦粒腫はものもらいだが、霰粒腫はものもらいに似ているが別の病気である。

見た目は似ているが治療法が異なる為安易な自己判断は絶対に行わず診断をしっかりと受けて適切な対処をする事が大事です。



ものもらいの症状

PR

初期症状

まぶたの一部が赤く腫れる。指で押したり瞬きをすると内側に痛み。若干の痒み。

中期症状

腫れが酷くなり目を開ける事が困難になる。痛みもまぶた全体が常に痛む。

後期症状

腫れたまぶたの裏から膿が出る。腫れた部分の表側が爆ぜて膿が出る。

ものもらいの原因は?

主な原因は黄色ブドウ球菌などの細菌によるもの。体内にいる常在菌だが、ストレスや病気で体の抵抗力が低下、疲労や寝不足・ストレスで免疫機能が低下している。汚れた手や環境下でのまぶたをこする行為が主な原因とされている。ストレスは体全てを蝕む原因となることが分かりますね。

ものもらいをもらいやすい時期・場所

ものもらいは1年中感染報告があるが最も感染が多いのは6〜8月の暑い時期。汗が大量に出る時期は袖で目周りを拭くことが多くなり目に細菌が入り。プール・海・川で遊んでいる時何度も目を拭ってしまうので刺激が強すぎて炎症を起こしやすいです。

 

うみが溜まる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とは

麦粒腫は細菌の感染が原因でまぶたが化膿して赤く腫れた状態の事を指す。ものもらいは2種類に分かれている。外麦粒腫:まぶたの外側のまつげの毛根に細菌が感染した状態。内麦粒腫:マイボーム腺に細菌が感染する。
眼帯は菌の繁殖を促してしまうのでNG。良くものもらいはうつると言われるが人にうつる事はない。

治療期間

病院で抗生物質の点眼や軟膏をしっかりと塗布し続けることで7〜10日で治る。よっぽど後期症状でない限り切開手術は行われない。稀に再発を繰り返す時があるがその時は時期を調べてみて花粉症の時期とかぶっていないかの確認が必要。実は花粉症とものもらいは併発しやすく、花粉症により免疫力が低下している事が原因とも言われている。

ものもらいの原因はストレスか?

ストレスが原因の大部分と言っても過言ではないと言われている。実は麦粒腫は体内に普通にいるブドウ球菌が原因である。ストレスで免疫力が低下しているときや体が疲れている場合に普段から体の中にいるブドウ球菌に感染してしまうのです。

予防法は?

日頃からまぶたを清潔に保ちストレスを貯めない生活を心がける事が大切な予防法です。

 

まとめ

ものもらいは2種類に分かれている

ものもらいの原因は常在菌の炎症

ものもらいのの主な原因は免疫を低下させるストレス

しっかり病院に行けば1週間程度で治る

ものもらいはうつらない。

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

ものもらいに似た霰粒腫(さんりゅうしゅ)とは?ストレスが原因?正しい知識と予防法

ものもらいの原因はストレス?最新予防と対応法を学ぶ

子どもの目が腫れている。ものもらいになったら。原因と治し方を学ぶ。

この記事も子供のためになるのでオススメです。

溶連菌を自然治癒で何日で治せるか調べる前に知って欲しいこと!

溶連菌感染症は大人も掛かるのでまずは症状を確認しましょう。

【溶連菌の症状】子供の熱が下がらず嘔吐した場合は。

これからノロウイルスの時期になるのでおさらいしときましょう。

子供のノロウイルスの症状は?病院に行くタイミングは?NG行動は?

ノロウイルス感染経路は和式トイレが最も高い理由。洋式も危険な意外な理由。

ノロウイルス感染対策は?厚生労働省発表から学ぶまとめ。

 

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!