ポケモン新作はLoL?絶対にプレイしたくなるポケモンユナイトの魅力を紹介!

ポケモン新作はLoL?絶対にプレイしたくなるポケモンユナイトの魅力を紹介!

スポンサーリンク

ポケモン新作はLoL?絶対にプレイしたくなるポケモンユナイトの魅力を紹介!

PR

ポケモン版LoLの「LoL」とは?魅力を紹介

優勝賞金総額75億円。
プレイ人口1億円。

MOBAと呼ばれるゲームジャンルを世に広めた化物ゲームがLeague of legends:リーグオブレジェンド(LoL:ロル)です。

MOBAとはマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナの略。

簡単に言うと5対5で戦うアクションRPG陣取りゲーム。

最近だとスプラトゥーンが陣取りゲームとしては知名度が日本では高いですね。

League of Legendsの世界大会が面白い。素人的観戦方法 | KaoruSoundLog

戦略要素が強い:図を見て分かるようにマップは広く5人では全ての道を封鎖は不可能、逆に言えば敵も同じで3人で固まって特攻をしてきたり、隠れながら敵を迎え撃ったり、罠を仕掛けていたり、道が広く多い分、リアルタイムで敵はどこからどう向かってくるのか?を考えチーム同士で連携する必要がある。

道中にいる中立のモンスターを倒すことでレベルアップを優先すべきか?敵の事を駆逐すべきか?

この道は正解か?

敵はいるのか?

色々と戦略を練りながら最終的に”道中に何があろうとも”矢印の先にある敵の拠点を破壊したチームが勝ちなので、負けと思っていたチームの一人が隠れて敵陣地を破壊して勝つなんて事も良く起きています。

日本語で1からLOLの魅力を知るにはこの動画がわかりやすいのでどうぞ↓

優勝総額賞金75億円と言われる世界大会の様子。初めて見るなら上の動画である程度知ってから見るともっと面白いですよ。日本語実況付きです↓

PR

ポケモンユナイトが世界で期待ポケモン版LoLと呼ばれる理由は?

この動画を見れば早いですね↓

ポケモンユナイトの魅力を紹介

ルールが簡単で誰でも楽しめる

LoLと同じ5人で協力プレイができる。

1:ゲームが始まったらまずは近くの野生のポケモンを捕まえよう。

2:捕まえたポケモンを持って相手のゴールに行けば捕まえた分の得点がチームに入る。

3:総合得点を競い合う

めちゃくちゃシンプルなルールがいいですね。

もちろん敵も邪魔してくるし、敵もこっちのゴールを目指してくるのである程度の力も必要。

そんな時は野生のポケモンやゴールで得点を得る事で手に入る経験値を溜めてレベルアップしよう!

レベルが上がれば攻撃力や体力が上がるから倒されにくくなるだけじゃなく

進化も可能!

進化する事でより強力なわざを習得して敵を一網打尽に!

仲間を守るわざを習得する?

それもあなた次第です。

最後はひっさつわざである「ユナイトわざ」が勝負を握る!どんな技かは動画を見てね!

このようにLoLと違い敵の本拠地を倒すのが目的ではなく、より多くの得点を獲得したチームが勝ちのルールのためシンプルながらも奥が深いライトユーザーも楽しめる仕様になっています。

PR

マップは広いがシンプル

LoLと違って広く広大ではないものの、子供でもわかりやすい大きな左右の道と一本の中央の道。わかりやすい。

隠れていくか?

みんなでまとまっていくか?

ひたすら強くなるまで進化してから挑むか?

5人でどうするかを考えていくのがこのMOBAゲームの醍醐味です。

発売が楽しみですね。

スマホとSwitchでみんなでプレイ可能!

クロスプラットフォームプレイが可能なのでスマホしか持っていなくても、Switchしか持っていなくてもみんなでポケモンユナイトがプレイできます!

例えば

友達

2人はSwitch

1人はipad

1人はiphone

1人はAndroid

でも5人で協力が可能と言う事です。

何気にすごいですよね。

ポケモン新作はLoL?絶対にプレイしたくなるポケモンユナイトの魅力を紹介!まとめ

ポケモン新作はLoL?絶対にプレイしたくなるポケモンユナイトの魅力を紹介!を紹介しました。

なぜLOLと呼ばれるのか?

ポケモンユナイトの魅力を紹介しました。

とにかく面白そう!というのが第一印象です。

世界中のプレイヤーと一緒に楽しめるので我が家では盛り上がりそうです。

皆さんこの記事も読まれています
ポケモンユナイトが「速攻で飽きそう」と言われるの理由とは?一人でやりたい?友達いないから?
ポケモンユナイト発売日はいつ?PS5に合わせて冬に出す可能性が?
ラストオブアス2感想評価:プレイが苦痛。前作ファンを裏切る作品(意味深)
ラストオブアス2ストーリー“超“ネタバレ:まさかの主人公交代にファンガッカリの真相

PR

タイトルとURLをコピーしました