大麻密輸の慶応大学学生5人の名前が流出か?顔写真も特定?

「麻薬密輸とか馬鹿なの?」アメリカから密輸した大麻所持&使用した慶応大学学生5人の名前が流出していると話題になっています。しかも「悪いことするのがかっこいいと思った」などと残念なことを言う日本の若者の知能低下や犯罪への意識低下が危険な水準になっています。



アメリカから大麻所持使用した慶応大学学生5人逮捕

アメリカから密輸した「大麻リキッド」を所持していたなどとして、慶応大学の学生ら5人が逮捕されていたことが分かりました。

 捜査関係者によりますと、慶応大学の男子学生(19)と慶応義塾ニューヨーク学院の男子生徒(18)ら少年5人は今年2月、自宅などで大麻リキッドを所持していた疑いなどで警視庁に逮捕されました。

 去年の年末ごろに国内に住む別の高校生(18)宛てにアメリカから届いた荷物に大麻リキッドが隠されているのを東京税関の職員が見つけ、関係先を捜索したところ男子学生らの関与が分かったということです。

米国から密輸の大麻所持か 慶応大学の学生ら5人逮捕

東京新聞によるとアメリカニューヨーク州にある慶応義塾ニューヨーク学院(高等部)の男子生徒2人、慶応大学の学生1名、他2名合計5人の”少年”を逮捕していることが判明。

少なくとも6人の学生や生徒に麻薬を”譲渡”していることが判明しています。

IQは高いはずなのに世界でもトップレベルのセキュリティを誇る東京税関で速攻バレて逮捕。関係先から芋づる式に逮捕されたようです。間抜けですね。

慶応義塾ニューヨーク学院と慶應大は生徒や学生が逮捕されたことをなぜか公表していません。

アメリカでは嗜好用大麻が容認されつつあるのでアメリカで楽しんだ学生が抵抗感がないまま日本にも持ち帰ろうとしていたと思われますが、アメリカだけではなく日本中の”学生”による大麻吸引が後を経たず日本の汚染が水面下で拡大しています。

PR

大麻譲渡で5年以下、輸入で7年以下で人生終わり。

すでに主犯の学生と生徒はアメリカから大麻を「輸入」しており法定刑は7年以下の懲役、「譲渡」もしているので5年以下の懲役です。

この輸入と譲渡を合わせると10年未満の懲役又は禁錮にあたる罪については5年に該当します。

どちらにせよ退学&前科もちになるのでよっぽどの資産家ではない限り日本での再起は相当大変と思われます。

参考サイト「弁護士ドットコム大麻について

大麻密輸の慶応大学学生5人の名前が流出か?顔写真も特定?

実は大手匿名掲示板では名前と顔写真が掲載されていますが真偽不明のためここでは掲載しておりません

が、実は慶応NY大キャンパス内では大麻どころか麻薬使用が常習化しているのが常識というコメントもあることから、知っている人は「またか」という諦めと失望の声が多いですね。

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!