Netflix「タイタンズ」の長い歴史や吹き替えキャスト・GO!との違いを紹介する

NetflixオリジナルDC作品「タイタンズ」。ティーンタイタンズGo!ファンが驚く血みどろダークな世界観に驚愕していきましょう。サイボーグ不在の意味・スターファイアの配役・実写版のキャストや吹き替え役の紹介。70年に渡る彼らの作品の歴史を紹介していきます。これであなたもアニメが好きになりますように。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

TITANS/タイタンズの歴史を紐解く。

Titans/タイタンズって何?

タイタンズとは、バットマン・ワンダーウーマン・フラッシュ・アクアマン・グリーンアローの相棒(海外ではサイドキックと言う)が集まって結成された「ティーンエイジャーのヒーローチーム」のことを指します。コミック版ではバットマンのサイドキックロビン・フラッシュのサイドキックキッドフラッシュ・アクアマンのサイドキックであるアクアラッドがチームを組んだことが結成のきっかけです。

特にバットマンの相棒ロビンは世代を超えて愛されているキャラクターです。

①コミック版 ロビン 1940年に登場したのが始まり。

DCコミックが原作のスーパーヒーロー達の活躍を描く傑作コミック「バットマン」に1940年に登場したのが始まり。バットマンと喧嘩別れしてガンガン悪者を殺すロビンの姿はバットマンとは違う視点のダークヒーローそのものでした。しかもロビンは5代目(ティーンタイタンズのロビンが何代目かは不明)

ロビンの存在はバットマンの人気を若年層にも広げた功績があります。約80年経っても彼が主人公のコミックやアニメが多数生み出され続けています。

ティーンタイタンズを率いるバット版の相棒ロビンが(若干)嫌がるスターファイアー・レイブン・ビーストボーイを率いてリーグオブアサシンズと戦う。今回のNetflixオリジナルのタイタンズはこのコミックの世界観とリアル感を継承している。ダークな内容となっているようだ。
こちらは1966年のテレビ版バットマンシリーズに出ていた時のロビン。30年近く前に祖父の残したビデオテープで何度か見た記憶があります。全身安っぽいタイツのバットマンとロビンが素人っぽさ丸出して色々していたイメージですが。

このように世代を超えてバットマンとロビンは愛されてきました。そして2003年日本アニメに感化されたアメリカは日本アニメを必死で研究して1つの到達点を迎えます。

アニメ版ティーン・タイタンズ開始

日本のアニメ技法を意識したことで話題となり、日本技法が公式にアメリカに輸入された記念すべき作品。

放送期間:2003年〜2006年まで。シーズン5まで。

ティーンタイタンズ左からサイボーグ・スターファイアー・ビーストボーイ・ロビン・レイヴンの5人組。

画像のように六頭身で描かれているが、日本アニメのようにコメディシーンでは二頭身になったり感情の表現方法が従来のアメコミアニメと違っています。

スターファイア可愛い。中途半端なアメコミらしさを一気に捨てて
大胆な表現を前面に出してます。可愛いです。
汗や目線によってよりコメディ感を出すことに成功。
日本アニメを意識したアニメはネットフリックスには多いが
ここまでしっかりと「理解」して表現できているのは
現時点ではティーン・タイタンズぐらいです。

特に後半は無理して日本風にしていたのを独自の技法として昇華させていきアクションもコメディも楽しませる事に成功させます。

中途半端なアメコミらしさを捨ててギャグの表現はしっかりと日本風に意識することでシーズン5まで放送されましたが、3年の放送に幕を閉じてしまいます。残念です。現在シーズン6の製作懇願著名運動が起きているほど根強い人気を誇っています。

最高視聴率アニメ「ティーン・タイタンズGO!」放送開始

2012年キャラクター全員を二頭身にしてショートアニメ「New Teen Titans」を放送した1分アニメが人気を博して翌年「ティーンタイタンズGO!」が発表されます。

そして前作ティーンタイタンズから7年後の2013年にコメディ色を前面に出した「ティーン・タイタンズGo!」が放映されアメリカ中で大絶賛を浴びます。

嬉しい事に声優は同じ声優というサプライズ付きでした。

放送期間:2013年〜現在放映中 劇場版も2018年アメリカで公開

コメディ色が前面に出ており日本風の意識?なにそれ?と何処吹く風、アメリカ独自の感性によって生み出されたコメディは風刺も効いており、アメリカ文化を学んだりコケにしたりと全力でふざける内容には、日本人にも幅広く受け入れられました。アメリカ版ポプテピピックといった感じで既成概念を壊していきます。

1シーズン26エピソード(各エピソード約20分)

Netflixでは最新シーズン4まで配信中です。

そして2018年劇場版が!Netflixでの配信は早くても2019年冬でしょうか。

そんな人気絶頂の中登場したのがNetflixオリジナル「実写」ドラマ「Titans/タイタンズ」でした。

スポンサード リンク

Netflixオリジナル「Titans/タイタンズ」とキャスト・吹き替え声優の紹介

下からロビン・スターファイアー・レイヴン・ビーストボーイ。
うん、違和感しかない。アニメ好きからしたら。

あらすじ

不殺のバットマンと別の道を選んだロビンことディック・グレイソンは自らのスーパーパワーを持て余す若きヒーロー達と運命的な出会いを経て正義のチームを結成する。正義のためには殺人も許されるのか?ティーンならではの悩みとスーパーパワーを持つ葛藤、様々な摩擦を経て正義のために戦っていく。

アメリカのデータベースサイトでは8.3の高評価を獲得。既にシーズン2の制作も決定されている。

ロビン/ディック・グレイソン/梶祐貴 (ブレントン・スウェイツ)

ロビンです。パイレーツオブカリビアンで降板したオーランドブルームの代役で出てめっちゃ滑った俳優。カッコいい人。今回のロビンは原作に近く不殺?そんなのはバットマンに言え!とばかりに圧倒的な暴力によって敵を殺していきます。

吹き替えは梶祐貴さん。進撃の巨人のエレン・イェーガー。七つの大罪のメリオダスなどの主人公クラスの演技派です。

レイヴン/レイチェル・ロス/小見川千明(ティーガン・クロフト)

アニメでは悪魔の王の娘、今回は謎の多い能力を持つ不遇の少女です。傷の治療をしたり傷を広げたり、謎の黒い亡霊を使役して相手を一瞬で殴り殺します。ええ、殺します。レイヴンですから。

レイヴンを担当するのは小見川千明さん。
ソウルイーターのマカ役など

レイヴンを担当するのは小見川千明さん。Netflixで声を聞くには「みおちゃんの通学路」の野々村真奈美ちゃんを探してみよう。美人さんです。

スターファイア/コリー/鹿野真央(アナ・ディオプ)

記憶を失ったコリー。なんか力が強いぞ?ん?敵に追われているらしい、まぁいいか黒幕に会いにいき撃たれた結果その場にいる全員を炎(紫外線らしい)で消し炭にしてしまいます。アニメ版ファンなので差別的意味はないのですが、黒人女性な事に違和感を覚えます。すごいオラオラ系ですし。

鹿野真央さんは声優ではなく女優です。Netflixで声を聞くには「THE100/ハンドレッド」のベッカを探してみましょう。美しい女性です。

ビーストボーイ/ガー/石井マーク(ライアンポッター)

ベイマックスの主人公「ヒロ」の声役で有名なライアンポッターさん。アニメ版ビーストボーイがそのまま実写化したような雰囲気は適役と思われます。返信前後に全身緑色&全裸になるのはお約束。父親が日本人というライアンポッターさん。世田谷区の用賀に住んでいたそうです。

なんだこのイケメンは!?と思ったら声優と舞台俳優をこなす石井マークさんでした。フィリピンと日本のハーフで、ゲーム「.hack」の主人公に魅力を感じて声優を目指したそうです。思い出のマーニーの武役やハイキュー!!の灰羽リエーフ役などを演じてきています。

スポンサード リンク

サイボーグはどこに行った?

既に明言されていますがサイボーグはドラマ版には出ないです。と言うか本家ジャスティスリーグにサイボーグ出てきちゃっているし今更相棒レベルのチームに入れるには違和感もりもりになってしまうからでしょうか?それにしても勿体無い!5人揃ってこそだろ!とティーン・タイタンズGO!ファンは申しております。

スポンサード リンク

Netflix「タイタンズ」の長い歴史や吹き替えキャスト・GO!との違いを紹介する まとめ

Netflixでは「ティーン・タイタンズGO!」と「Titansタイタンズ」のみ配信しています。私もティーンタイタンズGO!に時折登場する六頭身キャラがギャグで出していると思っていたら、まさかGO以上に人気があっていまだに著名活動もされているとは思ってもいませんでした。いまだにお酒を飲みながらGO!を見るのが大好きだったりもしています。

そして今回Netflixオリジナル作品として登場した「Titansタイタンズ」の冒頭の殺戮シーンで驚かされいつの間にか全エピソード見きってしまいました。最後までサイボーグがいつ出るのかと思っていましたが、世界観の違いで出てこないとは思いませんでした。しかし内容は納得の出来です。エピソード1だけでもご覧になると良いですよ♫

↓上記記事で紹介した商品一覧です。

ティーン・タイタンズ:ダミアン・ノウズ・ベスト DC UNIVERSE REBIRTH /小学館集英社プロダクション/ベンジャミン・パーシーposted with カエレバ楽天市場Amazon

コメント