Netflixトレインスポッティング2人生を掛けてオススメする理由と感想とネタバレ

スポンサーリンク

”人生を選べ”20年前中学生だった私はこのセリフと映画に痺れた。そして今Netflixと共に「T2トレインスポッティング2」として私の前に現れて同じ質問をされた。現在36歳。あの時選んだ選択は正解か?それはこの映画を見れば分かる。音楽・映像・脚本全てが前作を上回る最高の映画をあなたに紹介したい。全ての映画好きにオススメする。

多分長文になる。

最高の映画を観終わった多幸感と共に記事を書いているからだ。

全てを紹介したい。

出来るだけ。

映画『T2 トレインスポッティング』 特別映像
これを見て少しでもグッときたら今すぐ見たほうがいいぜ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

トレインスポッティング2 あらすじ

かつて仲間を裏切って大金を持ち逃げしたマーク・レントン(以下マーク)は、20年振りに地元のエディンバラに帰ってきた。薬指には指輪をしている。子供もいるらしい。実家には年老いた父が一人で暮らしていた。

順風満帆にオランダで暮らしているはずなのに、何故危険を冒して仲間のいる地元に戻ったののか?

かつての仲間たちはそれぞれの選択をして「過去と変わらない」生活を送っていた。ベグビーは刑務所に服役中。サイモン(シックボーイ)は彼女に男を売って恐喝する日々、スパッドは薬から抜けきることができず妻と子供から別居して断薬と薬物摂取を繰り返している。

マークはスパッドの元を尋ねる。

マークは何故戻ったのか?

前作トレインスポッティングで止まっていた歯車が再び回り出す。

”人生を選べ”

”記事の最後に全てのネタバレを書いてます。でも、できれば見ないで欲しい。出来れば映画を観て欲しい。特にあなたが前作を観ていて年齢が30代以上なら”心から。

トレインスポッティング2 感想ネタバレしないように。

評価:「傑作」をリアルタイムで観る事が出来て幸せである。

前作と同じ監督。同じキャスト。同じ土地。実は少し観るのは怖かった。楽しみにしていなかったわけはないが。どうしても前回のオチはヤク中のマークが仲間を裏切って一人だけ持ち逃げの勝ち逃げをして、当時はよし良くやった!なんて思っていたが、20年経つと私もいつの間にか40間近のおっさんだ。

続編が出ると聞いて思ったのは「地元に戻る?自殺行為だ!許してくれる訳ないだろ!なんで今更!破滅しか見えない!」そう思ってしまったのだ。

しかし、しかし根っこの私は「でも楽しみだ!みんなに会いたい!あの映像・音楽に感動したあの時を忘れたことは一度もない!」そう叫んでもいる。

気がついたら公開から約1年後の今、Netflixで視聴する事ができた。(ありがとうNetflix)

嬉しいことに家族に邪魔をされずに夜に一人でだ。

レフン監督ライアン・ゴズリングのドライブ以上の衝撃だった。音楽は新旧揃え特にYoungfathersを中心に最新のイギリス音楽を彼らの心情に合わせているのは涙が出る。エディンバラの美しい景色。キャストはほぼ前作全員揃っている(マークの元カノもいるとは)。CGを使い前作の映像を現在に出す構図。前作のネタ・場所を知らない人にも分かりやすく入れ、知っている人は目頭が熱くなるようにしている。そして脚本(原作)の素晴らしさ。ラストへの全員の心情。最高である。

まさか40間近で涙を流す事があるとは。

二度と言わないよ

「絶対に見た方がいい」

「特に前作を観た30代の人たちは絶対だ。」

さぁトレインスポッティング2の話をしよう。

”人生を選べ”

”何がしたい”

”何がしたかった?”

”どうなりたい?”

”どうなりたかったんだ?”

”お前が選んだ道を歩んだか?”

”今いる場所は20年前に選んだ道だ”

”次は何を選ぶ?”

”さぁ、人生を選べ”

日本に住む我々は選択に自由がある、ある程度は、今日は何を着よう?何をしよう?何を食べよう?仕事は休むか?学校は休むか?勉強するのか?遊ぶか?やめるか?寝るか?日々途方もない数の選択をし続けている。しかしある視点から見れば”我々は日々選択する自由がある”ということを認識すべきだ。

マーク・スパッド・ベグビー・サイモンの4人はイギリスの下流労働階級で生まれ選択肢は存在しない人生を歩んできた。学校?なんだそれ?食べるためには仕事をしなければならないが仕事はしたくない、ヘロインを打って遊びたい、ならどうする?手っ取り早く金を稼ぐ方法?「そうさ、人から奪うのさ。」

前作のオープニングでは”iggy Pop のLust for Life”ヘロインのために万引きをして警察から逃げるシーンで始まる。これが彼らの日常である。

物心ついた時から彼らは選択肢がない。

食べるために、遊ぶために、酒を飲むために、薬をするために、刺激が欲しいから欲望は数多存在するが…

当たり前のように犯罪を犯す。

車泥棒・万引き・処方箋を盗む・強盗・恐喝なんでもする。

危険?そんなことは知っている。だがそれ以外の選択肢はないのだ。これしか知らないのだ。これしかないのだ。当時のイギリスはこれが普通なのだ。

今日も当たり前のようにヘロインを腕に注射して恍惚の表情のマーク。

前作の薬物を投入するシーン。この映画は当時イギリスでは”薬物を美化・推奨している”とされて問題視されていた。それほど楽しそうに、自由に、やりたいことをする彼らを見事に描いた前作も見て欲しい。

お金はもちろん誰かから奪った金だ。注射器はもちろんみんなで回して使っている。危険?仕方ないだろ?

「他に選択肢がないんだ」

言い訳ではない。それしかないのだ。

しかしマークはとあるチャンスを逃すことをしなかった

みんなが寝静まった時、大金を持ち逃げするのだ。

橋を歩く最中彼は言う

「人生を選べ、、、、これでお前たちと一緒だ」

中学生の頃の友人はこの最後のマークのシーンを見て「悪魔の笑顔」と言っていた。
ある意味ではそうかもしれない、全てを裏切って魂を悪魔に売り渡した男の背後には悪魔がいたのかもしれない。「みんなと同じように、自分にも選択する自由を得られる未来を信じて」…。

Underworldのbornsleepyの音楽BGMにエンディングのこの独白シーンは「正直当時の私には理解できなかった」なんか上手くいったんだなぁ程度だった。。。。音楽カッケーなー程度だった。みんなそうだろ?

そして20年後「続編 T2 トレインスポッティング」を観た。

マークは結局大金を得て逃げたがオランダの新天地で他の人と同じような「家庭を持ち幸せに過ごす」ことは出来ずに地元に逃げ帰ってきた。そしてスパッドには当初は本音を言えずに幸せな家庭を気づいていると嘘をついてしまう。結局は告白するのだが。間も無く40代半ばのマーク。

過去に裏切った仲間たちに会いにいく。

4人の再会をきっかけに様々な事象が進んでいく、それぞれの思惑、出会い、葛藤、別れ、過去の美化、現実逃避、新たなきっかけ。それぞれの思いをしっかりと描かれているので前作以上に彼らのことが好きになってしまった。

スパッドは薬物を断ち切れないでいたせいで妻と子供と別居中。しかしマークとの再会で彼は一気に変化していく、薬物との決別、やりたいこと、隠れた才能、小説を書くこと、ベロニカとの出会い、、、そしてチャンスと裏切り。

サイモンはマークを恨んでいた。忘れることはない。それでも彼と過ごした日々はいまだに幸せな日々であったと記憶しており、しぶしぶだったが少しづつ話していくうちに友情をを取り戻していく。二人で再びヘロインをやるシーンは「なぁマークあの頃に戻ろうぜ」そう言っているようだった、恋人以上に二人の仲の良さを見せつける素晴らしいシーンだった。

ベグビーは刑務所内にいる。間も無く20年が経つがまだまだ出所は難しい。担当弁護士に食ってかかるなど昔と何も微塵も変わっていない暴力的で自分勝手な妄想に囚われるベグビーそのものだった。怪我を装い彼は刑務所を脱走することに成功。彼がまず向かったのは大学生の息子と妻の待つ家だったが、彼さ早速金持ちの家に子供を無理やり連れて強盗に行く(おいおい)。彼はマークが地元にいることをまだ知らない。

マークの元カノは弁護士として社会でしっかりと生活しているシーン。そしてそれを見上げるマーク。最後まで彼は置いてけぼりなのか。それ以上元カノは出ないあたりがリアルだった。

自信喪失したマーク・過去と変わらないサイモン・薬物から抜けれないスパッド・我儘に自由に暴力的に生きるベグビー。

結局誰も20年前から変わっていなかった。

結局彼らは変わることができなかったのだ。

過去の呪縛が現れる「そうさ、それしか選択肢がなかったんだ」

それでも、それでも彼らが再び出会うことで

ほんの少しだが、少しづつだが

彼らの選択肢が出てくる。

ベグビーは息子に言う「俺たちは選択肢なんてなかった。だからお前は俺たちを越すんだ」

スパッドの小説を書き始める4人の物語だ。

小説を書くことを勧めたのはサイモンの女ベロニカ。

ベロニカを愛していると言うサイモンはコカインを続けているがマークと出会ええて嬉しそうだ

親友であるサイモンと再びヘロインを打つマーク、心底この瞬間を楽しんでいるようだ。

小さなきっかけから互いに出会うことで化学変化を起こし

いつもと違う変化が起きるそしてそれぞれに心境の変化を与える。

特に変化させたのはベグビーだ。

正直に言おう、彼は私の父に似ている。そして私に似ている。プライドを隠すために我儘を振りかざし、自分のせいには絶対にしない、全て他人のせいにする。気分次第で暴力も厭わない、呼吸をするように他人を威嚇する。最低の男である。

しかし彼は変わる。誰よりもだ。

クズはクズでしか生きれない?

誰が決めた?

だけど人生は楽しんだもん勝ちだろ?

そう言いたげに部屋で踊るマーク。

そんなラストで締めくくられる。

誰かが救われる?そんなことはないさ、みんな好きに生きようぜ。

そう言われたようだ。

この本作をみんなに勧めたい。

演出が鳥肌もの

20年後の未来と今が描かれる本作はいたるところで前作の映像や音楽を交えて我々に魅せてくれる。前作も落ちた下剤を探しにトイレに潜ったら深い水の中だったり、ヘロイン注射後の”落ちていく”感覚を視覚化したり、中毒症状のリアルな妄想振りも衝撃を与えてくれたが今作は全てがブラッシュアップされている。

ベグビーの再会時は美しい青のコントラストのトイレでシンメトリーで演出。それぞれの顔と動きに注目。前作で亡くなったトニーに哀悼。スパッドはあの通りで警察に思い出した事がわかるように過去の幻影が目の前を走り去る、コカインを決めた二人はサッカーの試合で大盛り上がり、二人がいればどこだって土砂降りのスタジアムだ。帰りの車にプロジェクトマッピング。。。オシャレすぎる。今だからこそ、キャストも監督も20年間の集大成がここに詰まっている。前作を簡単に飛び越してしまったのだ。

音楽で鳥肌。

トレインスポッティング2のサントラを聞いている最中。こんなラインナップである。

underworldのborn Slipyが「Slow Slippy」に。内容は買うか観るかしてみよう

前作の音楽もREmixされたり、そのままだったりクイーンのRadiogagaだったり。UNDMCのit’s Like Thatなどなどの懐メロが大量。その世代の人にはたまらん豪華なMVかと思うが。今回は新世代のアーティストが大量に入ってきている。

Youngfathersでシビれろ

ヤングファーザーズを知っているか?デビューアルバム「Dead」でイギリス最大の音楽賞「マーキュリー賞」を受賞。そのスピーチは「俺たちは賞に興味はない」と一蹴。しびれる。このマーキュリー賞は知名度などは影響せず”ただ音楽の良し悪し”だけで決められることで有名でこの賞に輝くと言うことは全世界への知名度アップにつながるにも関わらずのこのコメントにみんなが度肝を抜かれる。個人的にはその次のアルバム「White men are Black Men too](白人は黒人である)とんでもないタイトルだが個人的にオススメな曲も多いので聞いてみてほしい、その中でもshameのMVで痺れてヘビロテした記憶がある。

そして精力的に新曲を出し続けていたが、ある時アルバムにも出していない新曲があることに気がついた。

なんだこの曲はカッケーぞ!

それがトレインスポッティング2のエンディング曲となる”Only God Knows”である

実はこの曲を巡っていたら、今作トレインスポッティングの続編である2が発表されたことを知ったのである。ありがとうヤングファーザーズ。

そして今作トレインスポッティング2では彼らの曲が余すことなく流れ続けるのである。聞いたことのもない曲も多くより興味が湧いてしまう。ダニーボイルが選んだ新世代グループサウンドが痺れないわけはない!

最後にオススメ曲。T2サントラに入っていないので注意。

まだまだ再生数も少ないのでもっともっともっとみんなに聞いて欲しい。

私はどちらも持っているがトレインスポッティング2を観た後に決めるともっと好きになれるかも。オススメ。

キャスト

あえて前作のポスター左からベグビー・ダイアン・サイモン(シックボーイ)・スパッド・マーク(レントン)
T2ではダイアンの写真がなかったのでこちらの「ポスターを代用」みんなこのポスター貼っていたなぁ。懐かしい一枚。欲しくなったけど貼る場所ないや。いつの間にか私も二児の父親である。

マーク:ユアンマクレガー

ダニーボイル作品シャロウグレイブで注目を集め次作トレインスポッティングでイギリスの映画賞を総なめにして一躍スターに、ベルベットゴールドマイン・ムーランルージュ・ビッグフィッシュなどジャンルを問わず出演し何より「スターウォーズでオビワンケノービ役に抜擢されスターの座を不動のものにした。最近では「プーと大人になった僕」に出演。昔から大好きな人である。

スパッド:ユエン・ブレムナー

スパッド役。実は当初は主人公のマーク(レントン)役の予定であったとか。この独特な風貌は一度見たら忘れられない。エイリアンVSプレデターとかウディアレン監督のマッチポイントにイタリ、スノーピアサーとかワンダーウーマンとか超大作の脇役にいつもいる印象。

サイモン:ジョニー・リー・ミラー

シックボーイ(サイモン)役、トレインスポッティング公開の1996年にアンジェリーナジョリーと離婚する過去を持つ。かっこいいのにイマイチメジャーになりきれない印象。ベグビー役のロバートカーライルとプランケット&マクレーンで共演良いバディ映画なので見て。ダークシャドウでちょい役、ビザンチウムでもちょい役。頑張れジョニー。

ベグビー:ロバート・カーライル

自己中で暴力的な男ベグビー役のロバートカーライル。写真を調べるたびに風貌が変わる不思議な人、一度検索すると面白いかも特に現在はすげー老けている。フルモンティで超有名人に、そしてトレインスポッティングで爆発、そして丸坊主になって007の悪役レナードでめちゃくちゃ評価を受け、ダニーボイル監督作品の28週後で裏切りの走るの大好き知的暴力ゾンビおじさんとなって。インディペンデント映画ばかり出るらしい。

ダイアン:ケリーマクドナルド

マークの元カノダイアン:ケリーマクドナルド。当時の印象が強くて大人になった後の彼女は見ていないと思っていた。実際今作での出演時間は短かったので勝手に女優じゃなかったんかな?なんて思っていたが調べてびっくり。ノーカントリーの最後にコイントスで賭けないと言った美人だったり、ハリーポッターと死の秘宝に出ていたり、メリダと恐ろしの森の主人公メリダの声出していたり、あれ、メリダ見なきゃと思った。めちゃくちゃ有名人でした、ちなみに前作トレインスポッティングでは裸体を披露。20年経っても美人。これからは追っかけます。

監督ダニーボイル

  • シャロウグレイブ(長髪ユアンマクレガー最後は肩貫かれて笑う)
  • トレインスポッティング(坊主ユアンマクレガーヘロイン大好き賞総なめ)
  • 普通じゃない(ハリウッド進出作ユアンマクレガーと一緒だったけどユアンマクレガーだけ人気に映画は不評に)
  • ザ・ビーチ(再起にディカプリオ起用したらユアンマクレガー激おこ。映画は面白いけど超低評価、ここから地の底に)
  • 28日後(低予算でゾンビ映画撮ったら大爆発。主人公はバットマンビギンズの敵スケアクロウのキリアン・マーフィー)
  • 28週後(正確には制作指揮・ベグビー役のロバートカーライルと一緒に、28日後の後日談個人的にはこっちの方が好き)
  • サンシャイン2057(真田幸宏を脇役に添えて大失敗)
  • スラムドッグ$ミリオネア(アカデミー賞受賞作品。インドの最下層の生まれの青年の逆転劇、無学の彼は何で正解できるのか?そのストーリーが面白い。好きな人と見よう)
  • トレインスポッティング2(ご存知本作イギリスで700億の大ヒット)

そして最新作「バトルオブセクシーズ」内容不明だが興行収入は制作費を大きく下回っている。

浮き沈みが激しい監督。

トレインスポッティング2を何で観るのか?

私はNetflixとU-NEXTを契約して観ています。どちらも甲乙つけがたそうですが大いに違いがあるので説明していきます。好きな方をお選びくださいな。

どちらも初回31日間無料キャンペーン中

期間内に解約すれば一切料金掛からない。

のは一緒なので好きな方を選ぶのが一番。

Netflixを勧める理由

Netflixは潤沢な資金を使って高品質の「Netflixオリジナル作品」を観ることができるから。

まだまだ見切れない、とか思っているうちに次の週にはまた新しいドラマや映画が独占配信されている。現在韓国ゾンビドラマ「キングダム」を視聴中。今までの映画人生でRECの次に「面白い!」と思わせるゾンビ映画だった。見てほしい。

オリジナル作品はほとんどが高画質なのが特徴、だから映像に妥協をしない点を評価したい。この画像も本当にこの画質でこの構図でドラマに登場するからすごいのだ。今回のゾンビは韓国、朝廷の時代、どうやって防ぐんだ!って感じ、ウォーキング・デッド好き?ならこれを見てごらん。もっと面白いから。

Netflixに登録するならこちらから

初回31日間無料です。ちなみにNetflixで配信されている作品は「全て無料」なのでご安心を好きなだけ見よう。気に入らなければ1ヶ月経つ前に解約しないと料金発生するので注意。まずはキングダムとオルタードカーボンをチェック!

U-NEXTを勧める理由

U-NEXTなら

最新作が無料で観れるから。

例えば初回登録すると31日間無料。それにプラスして600円分のポイントがもらえるのでレンタルしたばかりの最新作をそのポイントを使って無料で観れるってすごくない?MEGとかイコライザー2とかレンタル店よりも早く観れるって最大の特徴が。

無料期間が終わっても月額料金払えば毎月1200円分のポイントもらえるからアダルト作品・映画・ドラマ・コミックの気になる作品をこのポイントで無料で見るってわけ。入れといて損はない。

あとはアダルトから雑誌まで取り扱いが幅広いから。コミックもエロも小説もドラマもドキュメンタリーもアニメもNetflixにはないジャンルが豊富なのが強み。

最後にU-NEXTを続ける理由はアダルト見放題作品が5000本以上あるから。

U-NEXT独占タイトルからまじで高画質アダルト作品が5000本以上待っているって言ったら信じてもらえますか?

U-NEXTに登録するならこちらから

Netflixトレインスポッティング2人生を掛けてオススメする理由と感想とネタバレまとめ

視聴後の勢いで書くと失敗でしょうか?もう4時間かかってしまいました。

サントラも何周目でしょうか?それでも音楽を聴くたびにあのラストの全員の心情の変化とオチを考えると目頭が熱くなります。

それでもやはりこの映画は全てに映画人に見て欲しい。

特に私は高校卒業と同時に働き始めて地元から一気に離れた土地で再スターを切ったタイプ。まるで前作のマークのような感じで家を出た。そして20年以上経ち、私は地元に戻りたいとは一度も思ったことはない、両親はいない友人はいるけど今は「新しい土地でできた新しい友人や家族との日々」に満足しているからだ、過去に戻りたいか?

いいや、全然。

あの時の選択もそうだったけど

今この記事を書こうとした選択だって

間違っているなんて思ったことはない。

だって全て私にとって必要なことだったから

どの選択も私に必要な体験なのだ

どの選択も私のための試練なのだ

そして今、幸せなのだ。

それでいいじゃないか?

さぁあなたはどうだい?

人生を選べ。

自分の満足いくように。

コメント