溶連菌感染症の大人の症状や原因は?治療は薬と自然療法のどちらが良いか?

溶連菌感染症の大人の症状や原因は?治療は薬と自然治療のどちらが良いか?

冬に掛からないと言われていた溶連菌感染症は都心部は年中発症の可能性があります。大人も発症する溶連菌感染症の症状や原因と様々な情報をまとめて薬と自然療法のどちらが有効かを説明していきます。

溶連菌感染症とは

溶連菌とは溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌のこと。溶連菌感染症とは溶連菌に感染した感染症のことで様々な種類に区別されている。しかし人に感染する90%以上はA群β溶血性連鎖球菌のため、その他B群・C群…などは覚える必要はありません。症状は主に喉の痛み、高熱、舌が真っ赤になるイチゴ舌・全身の発疹などの症状があります。

溶連菌感染症にかかる原因は

溶連菌感染症の主な原因は保菌者からの飛沫感染(体液・鼻水・くしゃみに含まれる細菌が健康者の喉に付着して感染する。)直接接触(保菌者の体液を直接触れて自身の体内に取り入れて感染する。)間接接触(保菌者の触れていた物や食材に付着した細菌に触れた事が原因で意図せず体内に取り入れてしまい感染する)が主な原因です。大人の場合風邪の初期症状程度では会社を休めない人も多く、職場での感染拡大が多く、デスク周辺の文房具や共有する機械での間接接触による感染原因が最も多いと言われています。

潜伏期間

2〜5日と言われています。発症後は次々に以下のような症状あるので良く確認をしてください。

溶連菌感染症の主な症状

喉の痛み・赤み・腫れ(飲み物が飲めない程に痛む)

38度以上の高熱(インフルエンザと間違えられやすいので注意)

全身の発疹(子供に多いとされているが稀に大人にも掛かる首から胸にかけて全身に広がる)

イチゴ舌(舌の白苔が剥がれて舌が真っ赤になりブツブツが出る)

頭痛・間接痛・倦怠感(インフルエンザに似ているので注意が必要)

咳(気管支炎喘息を悪化させる。大人になってから喘息を発症させる可能性がある注意するべき症状。早期発見早期治療してせきを抑える方法が良い)

鼻水(稀な症状だが花粉症と区別がつきにくいので気が付かず感染拡大する事があるので注意)

症状まとめ

インフルエンザ・花粉症などと症状が似ている部分があるので安易な自己判断をせず早めの診断が必要です。特に咳が重症化して喘息が大人になってから発症してしまうのはとても辛いので。

治療方法は薬と自然療法どちらが良いのか?

治療方法 薬(抗生物質治療)

溶連菌に有効な抗生物質薬を服用します。これによって2〜3日で症状が消えるので見た目は回復したように見えますが喉の溶連菌が完全にいなくなるまで約2週間は抗生物質薬の服用が必要となります。抗生物質療法が終了してから再度溶連菌がないことを医師に確認してもらうのが良い。大事なのは薬の用法用量を守って最後まで飲みきる事です。飲みきらずに放置する事で再度繁殖して再発、人によっては重症化してしまう可能性があるので絶対に薬は飲みきる事。逆に言うとしっかり飲めば完全に治ります。

治療方法 自然療法

先に大人の場合であれば免疫力があるので溶連菌感染症は自然治癒させることができます。溶連菌は体内に常在菌として喉に生息しており昔から抗生物質がない時でも溶連菌感染症が発症してもいつまでも治らなかった訳ではないからです。実際に大人の症状が軽い人では喉が痛い程度で済んでしまい気がついたら治っていたという事もあります。様々な医療の情報でも自然治療はできると記載されているところが多く、自然療法で治療するには約1〜2週間と言われています。しかしその間はしっかりと体力をつけるために栄養を取り睡眠をしっかりとる必要があります。しかし疲れている場合などは免疫力が落ちたら重症化や合併症の危険性があります。これらを理解した上で自然療法を試すと良いかもしれません。

治療方法は薬と自然療法どちらが良いのか?まとめ

薬は確実に早期で溶連菌を殺菌させる事ができるので病気に対しての有効性は高いです。確実な治療ができます。早期発見早期治療と理想的な治療ができます。

自然療法は自身の免疫機能で治療をさせる事ができますが自身の体調管理がいつも以上に気をくばる必要があります。病院に行く必要もないので薬に対するアレルギーなどで服用する薬が限られているのであれば治療の1つとして有効です。

しかし、感染症である為、繰り返し感染する事を防ぐ(薬でも殺菌しきれない事もあるが薬の方が残る可能性が低い)様々な場所で二次感染を防ぐという予防という観点では薬による早期治療で自身や周囲への感染を防ぐには薬が良いと言わざるを得ません。

溶連菌感染症の大人の症状や原因は?治療は薬と自然療法のどちらが良いか?まとめ

薬は2週間程度で確実に治療できる。自然療法は病院に行かず体の免疫で1〜2週間程度で自然治癒する事ができる。どちらも時間はかかるが治るという点では同じである。しかし自然治療は体調管理を間違え他の病気にかかる、睡眠不足、疲れなどで免疫が落ちていると一気に合併症や重度化してしまう可能性があるので、よっぽど病院が嫌いでない限りは薬での治療がおすすめか。

最後に

この記事は医療従事者ではなく一般人の私が作成した物です。ネットに広がる大量の情報をまとめることで世の親や自身が少しでも楽に情報を収集できるようわかりやすくしようと作成ました。簡単に情報は鵜呑みにせず安易に自己判断はせず違和感を感じたら病院に行くことです。

この記事を読んだ方はこちらも一緒に読んでいます。

溶連菌感染症とは?潜伏期間や原因(感染経路)大人と子供の症状について詳しく解説
溶連菌感染症とは?原因と大人と子供の主な症状について。 喉が痛む?高熱・発疹・喉の赤みがあれば溶連菌感染症の可能性があります。ここでは溶連菌感染症とは?という基本的な情報から潜伏期間や原因(感染経路)大人と子供の症状について様々な情報...
溶連菌感染症を子供は繰り返す?怖い合併症・重症化と自然治癒と薬の良し悪し。
溶連菌感染症を子供は繰り返す?怖い合併症・重症化と自然治癒と薬の良し悪し。 溶連菌感染症は免疫がつくから感染しない?いえ、実は溶連菌にも様々な種類があるので何度もかかる人が稀にいます。ここでは溶連菌感染症がなぜ繰り返すのか?合併症と重...
溶連菌感染症に感染したら小学校の出席停止期間や日数は?欠席になる?
溶連菌感染症に感染したら小学校の出席停止期間や日数は?欠席になる? 保護者の間でも話題に上がる溶連菌感染症に感染した場合の小学校の出席停止期間や日数について、その他溶連菌感染症の基本情報(例えば初診は何科?薬の服用方法の注意事項とは?...