女性のタトゥーデザイン 意味と理由一覧【象徴編】

デザインには意味がある?どんなのが流行っている?海外のセレブはどんなデザインを入れているの?そんな悩みを持つ人の為のデザインと理由、意味をまとめて見ました。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

物・象徴

星 スター

才能の開花、能力の解放、星は人の輝きを意味している。生まれ持った日というの星座で表されるように、運命、という意味も持つ。女性のデザインとして不変の人気を誇る。

月 ムーン

満月より三日月デザインが圧倒的に多い。タロットでも月は満月よりも三日月形で表す事が多い。神聖の意味を持つ。女性の場合その三日月の近くを飛ぶ生き物・象徴を一緒に彫る事が多い。不変のデザインだが幅が広く悩みどころが多い。

梵字 ぼんじ

梵字とは古代インドのサンスクリット語の礎にもなっている仏教文字。曼荼羅を文字で表したのが梵字であり一文字毎に力がありそれぞれに違う効果がある。曼荼羅とは大日如来を中心として宇宙そのものを表したものである。曼荼羅を観るということは宇宙の心理との交流を体験できるとされている。強い力を持つ梵字を体に彫るということはパワーを身につけるということでもあり古代インドでも呪術師は様々な部位に刺青を入れている。

ツーフェイス(2FACE)

喜びの顔と悲しみの顔が並んでいる様は人生を表しているとされている。楽しいこともあれば辛い悲しいこともあるという事。その反面この表情は全て仮面でありこのような浮き沈みにわたし自身は左右されないという強い意思を持つという意味もある。強い女性の象徴されるデザインでもある。

ダビデの星

魔除け・護符としての効力を持つとされている。宇宙のパワーを集約した形として女性の様々な部位でおすすめでき、デザインも普遍的で飽きがこないとされている。

十字架

愛。愛である。キリストが磔にされた死と身代わり、罪の象徴ともされているが、実際にはイエス・キリストは全ての罪を身代わりに背負ったその行動は「愛」である。人類全てを愛しているが故に全てを背負ったのである。逆の向きの十字架はアンチキリスト=悪魔崇拝でもあるのでデザイン時にはムキに注意。

相手の心を開くという意味や逆に人に心を許さないという意味もあるので注意。

冠(かんむり)

見たままの王様・王位・頂上・名誉・栄誉の意味を持つ。力の象徴とも言われている。悪い意味はないとされているデザインの幅が広い。

数字

デザインの意味は生まれた月日、運命的な数字など理由は様々で、デザインも漢数字からローマ数字まで様々である。ビヨンセ夫婦が誕生日の「Ⅳ」を薬指に入れているのが有名。

イシス神

歌手のリアーナが胸のラインに合わせて入れている両手が翼の女神イシス神。意味は完全な女性。

ウロボロス

メビウスの輪(無限)で有名な。尾を飲む蛇のデザイン。蛇単品の脱皮、成長、再生、不死、の象徴に「無限と永遠」という意味が追加された無敵の象徴。更に循環・永続性、円運動・宇宙の根源など。

この記事を読んだ人はさらにこの記事も読んで学んでます。

コメント