PSPlus4月フリープレイPS4版「The Witness」感想淡々と単調で飽きる

PSPlus4月フリープレイで配信中のPS4「The Witness」の感想。5歳児からでも楽しめる誰でも気軽にプレイできる不可思議な世界で景色もパズルも楽しめるゲームです。しかしチュートリアルのような単調なパズルをひたすら淡々と繰り返していくうちに飽きてしまうB級ゲームでした。その他PS4今月のPsPlusフリープレイソフトも紹介!



PsPlus4月のフリープレイソフト!とざっくり感想

THE WITNESS

感想などは後述。

フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと

ウォーキングシュミレーターと呼ばれるこのゲームではプレイヤーはそこで起きたことを探索してそこで過ごした様々な人々の思考や痕跡に思いを馳せる。しかし人によっては私がしたいことができないというアクション思考よりの人は合わないだろう。結局この作品を作ったチームは「The Unfinished Swan」である。私はどちらのゲームも途中で投げ出してしまった。The Unfinished Swanよりは長い間楽しめるが、どうしても暗い空間で悲壮感漂う屋敷を歩き回るほど精神力が強くはないのだ、明るい空間で仲間とともに敵を倒している方が性に合ってしまったのだ。

PR

THE WITNESSの感想

万人向けではない高品質なパズルゲームを楽しめる。

PS初期の「MYSTミスト」が好きな人はとことんハマれるだろう。

大きな特徴であるオープンワールドは色彩豊かで美しく散策するだけなら5歳の娘も太鼓判。

肝心のパズルは5歳の娘でも楽しみながらできるが、一歩外に出ると少しづつ上がる難易度についていくことができず小学3年生の娘でやっと解ける内容。それでも大人でやっと解けるような「ほんの少しのヒント」を元に解決できた時は脳汁が凄い出る。しかし、しかし、

内容が単調である。基本問題を複数解いて応用問題一問解くと次の基本問題に行く。それをひたすらに続けるののである。

どんなに美しい自然が目の前にあってもやるべきはパズルである。美しい自然とパズルはどちらも相反してしまう気がする。

5歳児でも操作が簡単にできる操作感なのに、目の前のパズルを解かないと先に進めないのはストレスだったらしくすぐにコントローラーを投げてしまった。

小学3年生の娘は結局目の前のパズルを解くことは楽しいが、「何のために解いているの?」という疑問が出てきて次第に意味もなくパズルを解き続ける行為に飽きてしまったようだ。

そんな私も一緒にプレイしていたが、そもそも理論的にパズルを解くことがあまり得意ではないので、周囲の散策に走ろうとするが結局なんでここにいるのかすらわからない謎の空間に一人で孤独にパズルを解き続けるかわいそうな主人公には気持ちが入らず1時間程度家族でわいわいやって終わってしまった。

今月4月のフリープレイはそれほど良い作品群ではないように思えた。

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!