電動キックボードセグウェイNinebotの感想評価を紹介。予想以上の快適さに驚く。

最近エコに通勤できるとして流行っているセグウェイ社の電動キックボードの需要が高まっているので気になりますよね?

しかし値段もピンキリでどれがいいのかわからない!という方も多いはずです。

なので今回実際に天下のセグウェイ社が作り上げた超絶電動キックボード【Ninebot】Kickscooter ES2を購入して実際に乗り回した結果を紹介します!

乗り心地から、正直な感想、給付金を使う価値はあるのか?まで赤裸々に解説していきます!

スポンサーリンク

電動キックボードNinebot セグウェイの評価は?

商品紹介
Ninebot Kickscooter ES2は、次世代の電動式キックスクーターです。
蹴り出して加速した後は手元のレバーでアクセル、ブレーキの操作ができ、安全かつ快適な走行を実現しました。
走行速度やバッテリー残量などを確認できるディスプレイ、暗い道でも安心のフロント・リア・アンビエントの3種類のLEDライト、ポータビリティに優れた折りたたみ仕様など、充実した機能を搭載しています。

サイズ:折畳時:1130mm×430mm×400mm
メーカー保証:1年
対応身長120~200cm
本体重量約12.5Kg
最高時速約25km/h
航続可能距離約25km
充電時間約3.5時間
タイヤサイズフロント/8インチ リア/7.5インチ
タイヤサイズフロント/8インチ リア/7.5インチ

AmazonNinebot商品説明より引用

最大走行距離25kmの凄さ

良く聞かれます。

「電動キックボードに6万円も出せるのか?」

結論から言うと3万円代よりも相当長持ちするので倍出してでもセグウェイのNinebotを買った方が絶対にいいです。

と言うのも私は友人が3万円代の電動キックボード「SUNPIE」を購入していたのでラッキーなことにセグウェイNinebotを買う前にとことん比較しています。

友人が購入したSUNPIE
友人曰く任天堂Switch買えば良かったと嘆いていましたが・・・

ぶっちゃけると全体的な仕様も乗り心地はあまり差はないですね。

しかし

値段によって

最大走行距離が段違いに違うのが大きいです。

安い方SUNPIEの最大走行距離が10km対して

セグウェイのNinebotの最大走行距離は25km倍以上の走行が可能になるというのは、とても魅力に感じたため。

まだ電池切れまで最大距離まで走行したことはありませんがどうせなら走行可能距離が長い方がいいですよね?

PR

操作が超簡単で子供も乗れる

  1. 電源ボタンを長押しする。
  2. 電源が入る
  3. 右の青いボタンを親指で押し込むとアクセル
  4. 左の白いボタンを押すとブレーキ

以上。

セグウェイ社のNinebotは事故防止のために通常のキックボードのようにまずは一度地面を蹴って進みながらアクセルを押さないと作動しないのが特徴

これは何気なく凄いです。

運動音痴な嫁もこれのおかげで事故せず乗りこなせました。

Ninebotに付いているボタンは

  1. 電源ボタン
  2. 右のアクセル
  3. 左のブレーキ

以上。

このシンプルなのもおっさんな私でも気軽に乗れるので助かります。

誰でも簡単に走行できてしまうので子供が乗りたがっている際は徹底的に事故らないように乗り方と降り方、非常時はどうするか?をしっかりとたたき込んでからにしましょう。思った以上にスピードが出るのでご注意を。

速度・スピード感は?ブレーキに難あり?

スピード感はかなりあります。

ママチャリで少し速こぎする速度=25kmが右のスロットを押し込むだけで簡単に速度が出るので初めはふるスロットにするのにはかなり勇気がいると思います。

が、この速度最高に気持ちがいいです。

ただしフルスロットルにしても一気に加速するようなことはなく、徐々にぐーーーーーーんと速度が上がるのでジャッキーチェンよろしく初めての原チャリのように事故ることはないです。

こんな感じ。開始3秒のジャッキーの自転車のこと↓

誰もいない直線の私道でフルスロットルにしたら最高に気持ちがいいです。自分でペダルを漕ぐ必要がないままあのスピードで疾走する気持ち良さは電動キックボードならではの心地よさ。是非体感して欲しいですね。

しかし、SUNPIEよりもセグウェイのNinebotoはブレーキの遊びが少なく効きが強いので慣れが必要。

急ブレーキには注意、下手したらすっ飛ぶかも(試していませんが)

慣れるまでは非常時やトラブル時に直ぐに降りれるように練習しておいた方がいいかもしれません。

走行音や機械音はうるさい?

アクセル中は「スィー」っとプリウスのハイブリッド車のような独特の電子音が聞こえるような気がしますが全く気にならないのでご安心ください。

SUNPIE社製もセグウェイのNInebotどちらも同じぐらいの動作音でしたよ。

乗り心地は?良い?悪い?

当たり前ですが乗り心地は至って普通のキックボードと同じです。

ただし、前輪のタイヤにどうやら衝撃吸収装置?があるようで多少の凸凹路も運転手に負荷をかけることなく余裕で走行可能なのは驚かされます。

乗り続けても疲れないのは気のせいか?

大人用?子供用?

身長について、セグウェイNinebotはハンドル位置が固定なので小さい子供は乗れません。

メーカー表記にも対応身長120cmー200cmとあるので注意。

写真の娘は140cmありますがちょうどいい感じ。

184cmの私でも何の問題もないです。

背中を丸める必要もなく、変に力を入れる必要もないので気軽にサイクリングし続けることができますね。

実は何人乗りとは一切記載されておらず

対荷重は100kgと書いてあるだけ。

体重80kgの私の前に20kgの次女乗って二人乗りでも問題なく余裕で23km出ます。

ただし前述した通りハンドルの高さは固定なのである程度の身長は必要です。せめて前が見えるぐらいじゃないと危ないですね。

二人乗りをする際は見ての通り足場が狭いので大人は足をダイナミックに90度横にして片足立ちしながらの走行になるので疲れます。

夜間も安心強力LEDライト

買ってから知りましたが、前面にライトが付いています。

しかもかなり強力。

正面からなら絶対に車も存在に気がつく程に強力、

真っ暗でもこのライトがあれば安全に走行可能。

そしてこの足元のライトアップ機能まで!

凄いんですよマジでこのNinebotは!!↓

凄すぎ!夜に乗りたくなる!7色ライトアップ!

やはり値段だけのことはある!

さすがセグウェイ!

スマホアプリと連動させ自由にライトの具合を変更できるマジで凄い仕様がついています!しかも綺麗!

これも驚きましたね。

夜間これに乗ってお散歩なんてしたら最高に盛り上がりますよ。

購入最大のポイント:保証期間1年

今回セグウェイ社のNinebotに決めた

最大のポイント

【メーカー保証期間1年】です。

ちなみにAmazonで購入できる電動キックボード・キックスクーターで1年保証がついているのはセグウェイのNinebotだけですね。(2020.06.10時点)

安物買いの銭失いなんて
したくないじゃないですか?

が、セグウェイ社は唯一メーカー保証が付いていると知っていればガツガツ使えるので安心ですね。

なんかあったら速攻で交換してもらうつもりですが、今のところ1ヶ月間毎日色々子供と乗り回していますが壊れそうな感じではありません。

電動キックボードninebotは買って良かった?

買って良かった!

一切後悔なし!

任天堂Switch?我が家にはPS4もあるしPS5を購入予定なのでいりません。これ以上家の中を快適にせず外出を楽しむためにどうしようか?と悩んでいた我が家にとっては新たな世界を体感できる最適なギミックでした。

給付金の使い方としてはベストだったと思っています。嫁には折り畳み自転車を買ったし子供は電動キックボード。

事前に3万のSUNPIE製を触れたのも大きいですが高いだけのことはありやはりセグウェイ社のNinebotはめちゃくちゃ良い製品ですよ。

PR

その他電動キックボードとの比較

せっかくなので友人が購入したSUNPIEとセグウェイのNinebotを比較紹介します。

29,999円:SUNPIE

SUPIE

値段:29,999円
メーカー保証:6ヶ月(電池のみ)
対応身長135~195cm
本体重量約12.5Kg
最高時速約25km/h
航続可能距離10-15km
充電時間約3.5時間

私の購入したセグウェイNinebotを乗ったSUNPIEを所持している友人の感想です。

友人曰く:最高時速25kmとありますが、74kgの大人が乗ると20km程度しか出ないそうです。

走行可能距離も最大15kmとありますが、電池がみるみる減っていくので「絶対に10km持たない」とも。

SUNPIEを購入した友人のリアル発言

「任天堂Switch買っておけば良かった」

ブロガーならここでSUNPIEを載せるところですが・・・両方載せておきます。

54,364円:Ninebot

Ninebot

値段:54,364円
メーカー保証:1年
対応身長120~200cm
本体重量約12.5Kg
最高時速約25km/h
航続可能距離約25km
充電時間約3.5時間

値段高めもメーカー保証1年。最高の乗り心地、80kgの私が乗っても25km出る。

電池が全然減らないから本当に最大走行可能距離25kmの可能性が高い。

ライト機能が凄いので夜間走行も楽しめる。

結論:セグウェイNinebotを

買わない理由がない。

以上。

PR

電動キックボード購入前の注意点とは?

電動キックボードはどこを端いて良いのか?公道?私道?

実はNinebotを含む電動キックボードや電動スクーター「そのまま」では公道の走行は不可能です。意地でも誰にも咎められず乗りたい場合は原付と同じようにナンバー取得とヘルメットの着用を行えば道路も走れるらしいです。

が、この25km程度の原付以下で、チャリンコ程度の速度で道路はマジで危険なのでやはり私道か公園で遊ぶ程度にするのが良いですよ。

公道とは何か?は分かりやすくいうと個人や企業が所有していない路全般のことを指します。

逆に私道は企業が土地をごっそりと買取り住宅用に開発されたような巨大な新興住宅地の場合は目の前の道路も私道の可能性が高いです。

結局のところいちいち確認が面倒な場合はサイクルロードがあるような公園などで乗り回すのが一番。

公園によっては禁止されている場所もあるそうなので注意。

盗難には超注意!絶対に鍵購入を

12.5kmは簡単に持っていかれてしまいます。

なのでコンビニなどに立ち寄る際は鍵を付けることを徹底する必要があります。唯一隙間があるのは後輪だけなので細めの頑丈なワイヤー製の鍵を購入しておくと良いです。

少し細めの持ち運ぶ際は腕につけたり、鞄に入るタイプをお勧めします。

電動キックボードセグウェイNinebotの感想評価を紹介。予想以上の快適さに驚く。

いかがでしたか?

今回はセグウェイの電動キックボード【Ninebot】Kickscooter ES2の感想評価を赤裸々に紹介しました。

乗り心地も走行感もスピードも抜群。

耐久性もあり二人乗りも快適。

夜のライトアップも美しく楽しめる。

メーカ保証もばっちり1年付いているので使い倒しても問題なし。

6万円近いので高いと思うかもしれませんがそれだけの機能がついているのが分かりましたね。

是非とも子供と一緒に夜間のライトアップ走行をしてあげてみてください!

さいっこうに喜びますよ。

給付金も入ったことですし、買わない理由がないですね↓

PR

タイトルとURLをコピーしました