WORLD WAR Z:PS4版プレイした評価と感想。L4D以来最高のマルチプレイ!

「L4Dファンへ、待ち望んでいたゲームが来たぞ!」久々に夜明けまでやろう!4人協力マルチシューティング。L4Dとの比較。海外版WORLD WAR Z:PS4版をプレイした評価と感想の紹介!まさかのレベル制でいつまでもやってしまう!

この記事では

  • WORLD WAR Zやってみてどう?
  • 楽しい?
  • LEFT4DEADファンだけど楽しめる?
  • ゾンビ大量?
  • 長くやれそう?
  • 英語わからないけど大丈夫?
  • 簡単?難しい?
  • ゲームとしてどうよ?

これらの疑問を解消できます。



WORLD WAR Z:PS4海外版プレイ評価と感想

グラフィックが美しい

最高峰のグラ。微塵も古臭さを感じさせない。

最高峰。美しい。DIVISION2と同じぐらいのグラフィックの美しさの中で大量のゾンビが襲来。一人一人の動きも滑らかで美しい。

この美しさ。
風景も良い。
PR

ゴア表現(血・四肢欠損表現)半端じゃない。

とんでもないグロ。人によっては血の気が引くレベル。

あの大量のゾンビ一匹一匹の四肢がもげて血みどろになる。

つい色々な部位を撃ちたくなってしまう。

ゾンビの美しさと量に痺れる。

PR

予告編そのまま、いやそれ以上の見せ場たっぷりのゾンビの量に驚く。筒状の螺旋階段を上るシーンでも常に敵が雨みたいに落ちまくってきて襲ってくるのは痺れる。

もちろんどんなに大量のゾンビがやってきてもゲームがカクついたりレートが落ちるようなことは一切起きていない。

これも何気に凄いことにだよね。

4人協力プレー(ずっとやりたかった!)が面白い。

PR

4人で協力して様々な障害を乗り越えてゾンビを蹴散らして脱出。(レフト4デッドと一緒。これがやりたかったんだ!)

難易度が超高いから最高

PR

なんとかギリギリ協力すればクリアできる難易度なのが最高。ゲームは得意だが難易度は最も低い「優しい」モードでやっている。それでも何度もダウンするし全滅する。早くレベル上げたり慣れたら難易度を上げてやってみたい。

技術と知識でなんとなする。

クラス(ジョブ)が豊富

私がプレイしたのはメディック。投擲武器の代わりに体力をブーストさせる自分や味方に打ち込むことができるスティムを所持。レベルが上がることで、回復薬の速度・蘇生速度・自身の回復で味方も回復?など様々なサポートアビリティがある。まだまだ先は長そうだ。

まだまだ先は長い。

キャラ・武器のレベル制導入でリプレー制が高い

リプレー性が高い。まさかの武器・クラス(ジョブのようなもの)それぞれにレベル制が導入されているのでプレイすればするだけより優位に立てるアビリティが解除されていくのが楽しい。

武器も同じ武器を使い込めば使い込むだけ装弾数・威力などそれぞれが微妙に上がったアタッチメントやスキンが変えて挑むことができる。

プレイ時間:

現在多分8時間程度でキャンペーン(4エピソード)はクリアできると思う。ちょっと短いね。でもマルチプレイ対戦もあるようだし。行ってみたい。

マルチプレイ:

まだやっていない。

感想評価まとめ

シューティング好き・ゾンビ好きがこのゲームをやらない理由はない。

特にレフト4デッド好きには絶対にやって欲しい。

絶対にDLCでエピソード5以降出るから北米アカウントをさっさと作ってやったほうがいいと思う。思った以上にレベルも上がりにくいから。

日本のアカウントだと海外DLCが買えないからできれば今すぐ北米版アカウントを手に入れてからの方が後々精神的なダメージは低いと思う。

と言うのも、私もエピソード1の1ステージクリアした後に気がついて急いでアカウントを作り直しました。日本アカウントで使っていないメールアドレスを用意しておけば5分程度で作れるのでやっておこう。

PR

WORLD WAR ZとL4Dとの比較

何故かレビューでL4Dと比較される件について

Amazonのレビューで何故かLEFT4DEADとWORLD WAR Zを比較して低い評価を入れている人がいるのが目についたので。念の為そのお話。

LEFT4DEAD(以下L4D)とは2008年にXboxで発売された4人協力ゾンビマルチシューターで四人のキャラの中の一人を選びオンライン・もしくはオフラインでそれぞれのゾンビが蔓延している地区を脱出するゲームである。ゾンビは無限に沸き続けるので隠れて移動は難しい、XBoxの能力を最大限に生かした大量のゾンビは油断すると一瞬で倒されてしまう、更に特殊能力を持ったゾンビが現れるので一筋縄ではいかない今までのシューティングゲームの常識を覆す程の魅力が詰まった協力プレイ前提のゾンビゲームだった。PC版は今だにオンライン対戦・協力プレイができるほど人がいる。

と、このようにめちゃくちゃ面白いゲームに対してどうしても贔屓してしまうのだ。

大好きだからこそ、みんなL4Dが大好きだからこそ、同じようなジャンル・ゲーム性を持ったWORLD WAR Zに対して辛口な意見が出てしまうのだと思う。

しかしそれはそれ、私もWORLD WAR Zの予告を見て「L4Dみたいなゾンビマルチシューターだ!早くやりたい!」とクリスマスを心待ちにしている子供のようになっていた。COD:WAW以来の海外版購入にドキドキしたし、やっと手に入ってプレイして思ったのは、

「確かにL4D似ているが、それ以上に面白い!」

である。

確かに発砲音は軽い感じはするけど、グラフィックは美しいしゾンビのもげる感じも血飛沫も全てがL4Dよりも遥かにパワーアップしていると思ったが。

エピソード1の始まりはL4Dの病院の屋上の始まりと似ている。
これはパクリではなくリスペクトだと思ったが。

まとめ:WORLD WAR Z:PS4版プレイした評価と感想。L4D以来最高のマルチプレイ!

PR

L4Dよりも面白い。

レベル制導入で何度もやり込める。

難易度1あげたらゾンビがめちゃくちゃ硬くなり慎重に進まないと即死亡する。

面白すぎる。

少しエピソードが少ないのが気になるが定価4,000円なら一時間で元が取れる程だと思う。

オススメです。

PR

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!