口内炎が歯茎の付け根にできたのは普通?種類は?治し方?原因?予防方法は?

doctor holding red stethoscope
Online Marketing

口内炎とは?唇の裏ではなく歯茎の付け根できるものなの?
原因・治療・予防方法とは?
初診はどこに行くのか?など
口内炎の情報を分かりやすく解説して行きます。

口内炎とは?歯茎の内側と付け根にできる?種類は?治し方?原因?予防方法は?



口内炎(こうないえん)とは?

口内炎とは頬の内側・歯茎周辺・口の中の粘膜に起こる炎症性疾患の総称です。

口の中は食事・呼吸・発声等で常に外部の環境を口腔内に取り込み接触をし続けており細菌が最も出入りする器官です。

その為、免疫力低下等の理由で弱っている場合などに起きやすいと言われています。

口内炎にはいくつかの種類があり後述します。

口内炎の主な症状は?

痛み・出血・食事がしみる・口の中の乾燥・口の中の腫れ・口の中の赤み・口が動かしにくい・食べ物を飲み込みにくい・味覚が変わる・会話しにくい。

主に食事に関わる働きが障害されるが、症状の悪化によっては感染症を併発し発熱や体力低下などの身体的苦痛はもちろんのことイライラや不眠などの精神的にも大きな苦痛を伴う事がある。

引用:国立がん研究センター

PR

歯茎の付け根に口内炎ができるのは普通か?

PR

歯茎が腫れる・内側・付け根が痛む場合は

歯茎が腫れる・内側・付け根が痛む場合は
口内炎として最も多くの人に発症する「アフタ性口内炎」である事が多いです。

主な症状は白く円形に腫れ歯茎の周辺(内側・付け根など)に多く発生します。一般的に10日程度で自然治癒しますが治りが遅いと感じた場合は別の病気の可能性があるので注意が必要です。

食事が取れない程に痛む場合は

ウイルス性口内炎の可能性があります。アフタ性口内炎との大きな違いは水ぶくれがとても痛む事、発熱や倦怠感を併発する場合がある事です。食事が困難になる程の痛みがある場合はすぐに病院を受診しましょう。

口内炎ができる原因は?

口の中に傷を作る

口内炎ができる一番の原因は口の中の傷を負い細菌が繁殖してしまうことです。口の中の傷ができる原因は食事中に頬の内側を噛んでしまう・魚の骨・歯磨きなどがあります。

睡眠不足・栄養不足による免疫力の低下

風邪をひいた時や栄養睡眠が十分に取れていない場合などの免疫力が低下した時にも細菌が繁殖しやすくなり口内炎ができる原因となる事もあります。

疲労・ストレスによる免疫力の低下

口内炎の大敵である免疫力の低下への近道はストレスとも言われており疲れ・ストレスが溜まっている場合のサインとして口内炎が痛み始める人も多いようです。

PR

口内炎の治し方は?

初診は?

歯科・口腔外科・耳鼻科への受診が一般的ですが、子供の場合はかかりつけの小児科で問題ありません。基本的に自然に消えますが痛みが強い場合などには病院を受診しましょう。

自然治癒

ほとんどの場合は疲労・栄養バランスの崩れ・睡眠不足・ストレスによる免疫力の低下によって引き起こされている場合が多いので、しっかりと休息と栄養を取る事で自然に治癒します。しかし10日以上。広範囲に広がる場合はすぐに病院を受診しましょう。

うがい

うがいを行う事で口腔内の粘膜の回復を促進することができます。痛みに対しては鎮痛剤を使用する方法がありますが、効果が2〜3時間持続するので定期的に行う事が口内炎を早く治す事ができます。水の代わりにイソジンなどの消毒液でのうがいでも2〜3時間後には口内には同じように細菌が繁殖するので苦痛がなく続けれる方法を選択しましょう。

薬物療法

口内炎の種類や原因にあった薬を使用します。市販薬でも販売している消毒うがい液や軟膏・口の内側に貼るシール・飲み薬も効果があります。ウイルス性口内炎の原因となるウイルスに効く抗ウイルス薬もあるので医師に相談しましょう。

レーザー治療

そのほか、殺菌・消炎鎮痛効果のあるレーザー治療もあります。

口内炎の予防方法

うがい

口内炎の予防方法と治し方と似ています。口の中の乾燥すると細菌が繁殖しやすく口の中の免疫力の低下を招き、清潔に保つ事が口内炎の予防や重症化を避ける事にも繋がります。水やイソジンでのうがいを2〜3時間おきに行う事で常に乾燥を防ぎ清潔な口の中を維持できます。食前・食後・寝る前など1日に7回程度うがいするのが目安です。

歯磨き

毎食後と寝る前の4回が理想です。食事をしていなくても一日一回は歯ブラシでブラッシングを行うことも推奨されています。歯磨きは柔らかめのブラシを使う事で歯茎を傷めないで済むのでオススメです。一緒に舌の汚れも落とすとなお良いです。

禁煙

口内炎の予防で意外な効果を出すのが禁煙です。タバコのヤニにより歯・歯茎・口の中の粘膜が汚れることで粘膜の血行が悪くなり口内炎だけでなく口腔内感染症の重症化を引き起こす確率が上がってしまいます。

免疫力を高める食事と休息

ブロッコリーやうなぎレバーでビタミンB2。ささみ・大豆・マグロでビタミンB6。レモンピーマンでビタミンC。これらの栄養は皮膚や粘膜の維持に役立つと言われて口内炎の予防食材として効果があります。あとはストレスや疲労を残さない為に休息時間をしっかりと取ることです。

PR

まとめ:口内炎が歯茎の付け根にできるのは危険?原因・治療・予防法は?

意外と知られていない口内炎の種類や予防方法・治し方を学んでいかがでしたでしょうか?確かにたまに発生する口内炎は疲れている時に多い気がします。うがいを行う本当の理由や意外な持続時間と何度も行う事が大事という本当に様々な学びがあったと思います。子供達にもしっかりと教えて行きたくなりますね。

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!