溶連菌感染症の抗生剤種類と副作用は?服用期間5日間は普通なの?

溶連菌感染症の抗生剤(抗生物質)種類と副作用は?服用期間5日間は普通なの?

溶連菌感染症で処方される抗生剤(抗生物質)には様々な種類が存在します。5日間の服用期間の理由や副作用についてこの記事で正しい知識を得て繰り返しやすい溶連菌を確実に治療していきましょう。

溶連菌感染症には何故抗生剤(抗生物質)を使用するのか?

溶連菌感染症の原因である溶血性連鎖球菌への高い効果が期待できる薬が抗生剤(抗生物質)のため。抗生物質とは細胞の増殖や機能を阻害。抗菌薬は最近の増殖を防ぎ殺菌する効果があります。長い実績を誇る抗生剤(抗生物質)や抗菌薬については以下で説明して行きます。

溶連菌感染症について基本的な情報を知りたい方はこちらをご覧ください。

溶連菌感染症とは?潜伏期間や原因(感染経路)大人と子供の症状について詳しく解説

PR

溶連菌感染症の抗生剤(抗生物質)の種類は?

・ペニシリン系の抗生剤(抗生物質)

アモキシシリン(セワシリン・パセトシン)

アンピシリン(ビクシリン)注射剤 など

顆粒で小児への調整も簡単で全国で広く処方されている。溶連菌感染症と診断されたらまずこの抗生物質を処方されるが、溶連菌以外でも様々な細菌感染症治療で使用される基本となる薬である。50年以上の実績がある抗生剤(抗生物質)で長い実績がある薬にもかかわらず細菌のペニシリン耐性ができいないので溶連菌感染症への有効性が最も高いとも言われている。

・セフェム(セファロスポリン)系の抗菌薬

セフジニル(セフゾン)

セフジトレンピボキシル(メイアクト)

セフカペンピボキシルなど(フロモックス)など

効果はペニシリン系と同じといわれ服用期間がペニシリン系よりも短い。広域抗菌薬に分類されており溶連菌以外の細菌にも効果が出る為肺炎球菌やインフルエンザ菌が薬への耐性を持ってしまう可能性があると言われており、一部の医師はできる限り使用を控えている。

・マクロライド系抗菌薬

クラリスロマイシンやアジスロマイシンなど

ペニシリン系に比べて薬に対する耐性を持つ菌(耐性菌)の出現頻度が高いとされ、耐性化されやすいため注意が必要とされている。

溶連菌感染症の抗生剤(抗生物質)の副作用は?

ペニシリン系の副作用

ペニシリン系の副作用は吐き気や下痢・発疹がある。アレルギー反応がある人は事前に伝えることが必要。ペニシリンアレルギーは2万人に1人程度でその他の抗生剤(抗生物質)でも同じようなアレルギー反応が起こる可能性はあるとのことなので身構えすぎる必要はないと言われている。ペニシリン系アレルギーの副作用が怖いからと初めから服用をしないのではなく、医師と副作用について相談した上で処方をしてもらうと良い。

セフェム系(セファロスポリン系)の副作用

セフェム系(セファロスポリン系)の副作用には胃腸への症状が多く下痢や腹痛が報告されている。ペニシリンアレルギーがある人はセフェム系も副作用の可能性があるので服用できないことがある。

上記の抗生剤(抗生物質)を服用できない場合はマクロライド系抗菌薬(クラリスロマイシンなど)が処方されるが溶連菌感染症への効果は期待できないとされています。

解熱鎮痛剤の副作用

抗生剤だけでなくセットで処方される薬にも副作用はあるので注意が必要。セットで処方される事の多いアセトアミノフェンなどの解熱鎮痛剤は大量に服用すると肝臓へのダメージなどの副作用があるとされているので用法用量はきちんと守る必要がある。

抗生剤(抗生物質)の服用期間5日は普通?長い?

ペニシリン系の服用期間は

10日〜14日間

セファロスポリン系の服用期間は

5日間

服用期間の注意点

抗生剤(抗生物質)の服用後1〜2日程度で症状はなくなり感染力もほぼなくなるため登園・登校ができるようになる。中には自己判断で薬の服用をやめてしまう親がいる。わずかでも細菌が残っていると再び増殖して感染症が発症してしまうので最後まで医師に指示された服用期間を守り薬は最後まで飲みきる必要があります。

抗生剤(抗生物質)の知識を得た後の注意点

手元にある以前処方された薬を勝手に与えてはいけない。

子供の症状が溶連菌に似ているからと安易に判断し、「余っていた抗生剤を子供に与えてしまった」ケースも起きています。医師による適切な判断で処方された薬以外は絶対に与えないようにしましょう。この記事もですがあくまで知識を得る事で溶連菌感染症への正しい対処方法を理解する為にあります。自己判断による勝手な治療を推奨するものではありません。

抗生剤服用後も熱が下がらない場合は

薬の服用後も熱が全く下がらない場合は速やかにかかりつけの病院に行き相談しましょう。新たな薬を処方してもらえます。

溶連菌感染症の抗生剤種類と副作用は?服用期間5日間は普通なの?まとめ

いかがでしたでしょうか。溶連菌感染症の抗生物質は様々な種類がありますが長年の実績で効果を常に出してきた薬であることがわかり少しは安心したのでしょうか?

最後に

私は一般人で医療従事者ではありません。過去に子供が溶連菌感染症にかかった際、様々な情報を収集し納得するまでにとても時間がかかり辟易した経験がありました。なので世の親に同じ目に合わせない為に少しでもわかりやすく様々な情報をまとめて時間短縮のお手伝いをさせてもらいたいと考えて作っております。自己判断による勝手な治療を推奨するものではありません。

一部引用 国立成育医療研究センター感染症科医長の記事

この記事を読まれた方は以下の記事も一緒に読まれています。

溶連菌感染症を子供は繰り返す?怖い合併症・重症化と自然治癒と薬の良し悪し。

溶連菌感染症の大人の症状や原因は?治療は薬と自然療法のどちらが良いか?

溶連菌感染症に感染したら小学校の出席停止期間や日数は?欠席になる?

 

 

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!