帯状疱疹の初期症状は?早期治療が後遺症を防止する大事な理由とは?

帯状疱疹の初期症状は?早期治療は後遺症を防止する最も大事なこと!

帯状疱疹かも?初期症状はどんなのがあるのか?そもそも帯状疱疹とは?後遺症が残ると数年単位での治療って本当?後遺症予防方法があるって本当?などの気になる帯状疱疹について解説して行きます。

帯状疱疹とは?

・子供の頃に感染した水ぼうそうが大人になって再発するのが帯状疱疹と言う。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、水痘帯状疱疹(すいとうたいじょうほうしん)ウイルスを原因として発症する。

1〜5歳の間に初めて感染すると「水疱瘡(みずぼうそう)」と呼ばれ、治療後も体内に潜伏を続け過労やストレスによる免疫機能低下などに伴い体内に潜伏していたウイルスが再度活性化することで帯状疱疹を発症します。皮膚にピリピリと刺すような痛みと、赤い斑点や小さな水ぶくれが体に帯状に広がる様から帯状疱疹という病名がつけられました。帯状に水疱が出現する理由は体に帯状に走行している神経に沿ってウイルスが増殖をするためです。

過去に水疱瘡にかかったことのある人なら誰でも帯状疱疹になる可能性がある事をよく覚えて起きましょう。

通常は生涯に一度しか発症しません。再発は極めて稀であると言われています。


帯状疱疹の症状は?

主な帯状疱疹の症状

・皮膚のピリピリ・ヒリヒリとした痛みと痒み。

・虫さされのような浮腫性の紅班。

・軽度の発熱・リンパ節の腫れ、頭痛。

・小水疱(小さい水ぶくれ)初めは透明で徐々に黄色く濁る

・水疱が破れただれ・腫瘍。

・一週間は以上の症状が出続け紅班・水疱が増え続ける。

・かさぶたが治っても痛みが続く場合がある。

詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

帯状疱疹の初診はどこに行けば良い?

帯状疱疹の疑いがある場合は皮膚科か小児科へ受診しに行きましょう。後述しますが、帯状疱疹の後遺症を残さないためには早期治療が必要です。

大人と子供の症状の違いは?

大人も子供も同じ水痘帯状疱疹ウイルスに感染することで発症しますが、症状や病名が全く違います。

●初めて感染した子供は水疱瘡(みずぼうそう)

●過去に感染した事のある(再発した)大人は帯状疱疹(たいじょうほうしん)と呼ばれる。

しかし子供でも水ぼうそうにかかった数年後に帯状疱疹に掛かってしまう事を覚えて起きましょう。

帯状疱疹の後遺症とは?

帯状疱疹の後遺症とは?疼痛(とうつう、ずきずきとうずくように痛むこと)が帯状疱疹治療後にも続く場合を帯状疱疹後神経痛と呼ばれる後遺症である。痛みは軽度の程度から夜も眠れないほどの激烈なものまで様々で、治療と同時に消失することが多いがこのように痛みが残り続く事があり、痛みが3ヶ月以上続く。この帯状疱疹後神経痛の発生率は約3%だが、60歳以上の高齢者に多い初期から重症化している人に多い。

帯状疱疹後神経痛を残さない為には初期治療から抗ウイルス剤投与を行うなど早期治療が重要と言われています。しかし残してしまった場合は年単位での治療が必要となります。

後遺症予防は早期治療が望ましく発症後3日以内の治療開始が大事と言われています。

帯状疱疹が体を一周すると死ぬって本当か?

帯状疱疹が体を一周すると死ぬと言うのは迷信でデマです。実は日本だけでなく海外でも同じような迷信があります。そもそも帯状疱疹は体の片側だけに発症し同時に両側の神経に作用することはないので一周することはありません。もし仮に一周しても死ぬことは絶対にありえないので安心してください。

そもそもこの迷信は「帯状疱疹は死ぬほど痛い」と言う感想と実際にガン治療などで免疫力が低下した人に帯状疱疹が起きてしまうので「帯状疱疹は死ぬ」と言うデマが一人歩きしてしまい迷信が生まれてしまったのではないかとも言われています。

帯状疱疹の初期症状は?早期治療が後遺症を防止する大事な理由とは?まとめ

眠れないほどの痛みに襲われる帯状疱疹の後遺症が数十年単位で治療することになるとは本当に恐ろしいです。しっかりと知識を入れて予防をして行きたいと思いました。

帯状疱疹の予防についてはこちらをご覧ください。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。

帯状疱疹とは?潜伏期間や原因(感染経路)大人と子供の症状について詳しく解説

帯状疱疹の初期症状は?早期治療が後遺症を防止する大事な理由とは?

子供の帯状疱疹が親にうつる確率は?いつまで感染力がある?予防法は?

帯状疱疹にかかったら学校や幼稚園は?出席停止になるのか?


問合せフォーム

タイトルとURLをコピーしました