PS5バイオハザード8ヴィレッジは面白いのか?みんなの感想評価を紹介

「海外では賛否両論」バイオハザード8ヴィレッジは面白いのか?みんなの感想評価と海外レビューをまとめて紹介!

圧倒的なグラフィックから生み出される恐怖感に感動しますが、海外では7から何も進化していない点なども鋭い指摘をされていました。皆さんはどう思ったでしょうか?

この記事も良く読まれています
PS5:ODDWORLD SOULSTORM感想評価「気持ち悪く不快」
PS5本体を持ってなくてもフリープレイを入手する裏技
PS4/5『it Takes Two』親子でプレイした感想と海外の評価
PS4『CRSED』感想評価:速攻過疎化した惜しいクソゲー
アウトライダーズPS4体験版感想「ディビジョン、Destinyの下位互換凡ゲー」



バイオハザード8ヴィレッジは面白いのか?

ついに登場したバイオハザード最新作!シリーズ8作目となる「ヴィレッジ」をプレイした私とネットの反応を紹介しています。

先に言っておきますが久々のバイオハザードでしたが私はRE2よりも主観のこっちの方が心底楽しめました。

ひたすらお化け屋敷を楽しみたい人はぜひこっちのヴィレッジを楽しんでほしいです。

PR

私のバイオ8ヴィレッジ感想評価

前作7、RE:2、RE:3はプレイしていません。正直言うと怖いから。

さらにゲーマーとして私の中のゾンビ像が「ヘッドショット一発で死んでほしい」なので、バイオハザードシリーズRE2/3でせっかく見事なグラフィックに生まれ変わったのにヘッショかましても少し怯むだけのとんでも耐久力のゾンビを相手に弾薬の数を気にしてプレイするのが本当に嫌だった。と言うのもあります。

なのでバイオシリーズはYoutubeで見ただけでプレイした気になっているバイオにわかゲーマーです。

そんな私がバイオハザード8ヴィレッジをプレイした感想は「やめ時を失う面白さ」でした。

簡単に要約すると
・グラフィック綺麗
・ゾンビじゃない
・EASYモードにしたら面白い
・恐怖と謎解きもほどほどの難易度
・超巨大お化け屋敷を堪能したかのような充実感を得られた8時間。

さっくりと紹介します↓

PS5版のグラフィック綺麗すぎてやばい


さすがPS5。グラフィックの美しさは圧倒的。ですが、やはりリターナルと比べると若干の見劣りは感じますが、それにしても美しいグラフィックは日本最高峰。

プレイ当初はとにかく綺麗なグラフィックばかりに目がいってしまう。

これはゲームプレイ中の映像↓ムービーではない。

敵の描写も美しく怖い↓もちろんゲームプレイ中の画像。

今作では美しい女性が3名いて目を奪われた。それが↑蠅の3姉妹。定期的に襲ってくるのだがその際に近寄ると噛み付いてくれるご褒美があるのだが、その時の顔がとても美人で見惚れるレベル。EASYモードにすれば何度も何度も噛みつかれても死なないのでアップを楽しめる。

バイオ4の武器承認の代わりにいるのがこいつ↓

とにかく美しい映像。

後半立ち止まって景色を楽しんでいるとあの巨大女がタイラントみたいに歩き回って追跡してくるので落ち着けないが、ゲームはここまで進化したのかと驚かされることは間違い無いです。

PR

ゾンビじゃ無いから良い

今作プレイできたのは敵がゾンビじゃ無いのでヘッドショット一発では死なないのも納得できたので楽しめた。

しかも冒頭からそこらじゅうにいて恐怖のどん底に落としてくれたのはまだ根に持っているぐらい怖かった。

今作の敵は「ゾンビではない獣と呼ばれるかつて人間だった化け物」が相手。ゾンビじゃないならな謎の耐久力を誇る化け物だから頭打たれても死なないのは仕方がないと楽しめました。

EASYモードがおすすめ

PR

↑で言ったように冒頭からハンドガン10発近く打ち込まないと死なない耐久力の高い獣と連戦で戦うハメになります。

ゲーマーの端くれ手としてなんとか技術でカバーしようとしましたが全然だめ。

こいつら銃向けると避けるんですよ。

だから相当量の無駄弾を消費した挙句に怒涛の勢いでラッシュしてくるから焦って怖くて辞めたいと思ったほど。

あまりに何度も死んだので「EASY」モードに変更したら獣がどこを撃っても4発で死んでくれる。

さらにエイムアシストの強さも上がりEASYモードならL2で銃を構えるだけで敵の頭に照準が合ってくれるためヘッドショットを連発できる。

さらに構え続ければ敵が動いても照準がずれないので超助かる。

もちろんプレイヤーの体力もかなり上がり雑魚敵の攻撃を何発も我慢してくれるので恐怖感が少し薄れて探索を楽しめるようになった。

これはありがたい仕様だった。

面白くて怖いを楽しめる

PR

EASYモード様様なのですが、敵がサクサク倒せるようになったので恐怖感もほどほどに探索が楽しめます。

謎解きの難易度も絶妙で必ずヒントが見つかるので多少頭を捻るか適当に散策しているだけでいつの間にか先に行ける親切設計。

そして謎が謎を呼ぶストーリー。

この先はどうなっているのか?この先に何が待ち構えているのか?徐々に武器が豊富になってきて余裕が生まれると強敵が現れたり、いつも通りのバイオハザードっぽさを堪能できました。

ただし!

一つだけ突っ込みたいのは「主人公イーサン」の様子がおかしいこと。右手をバッサリ切られたのに回復薬をぶっかけてくっつけておいたらいつの間にか普通に右手が使えるようになっている仕様はさすがにおかしくね?ってなります。

でもそんな主人公イーサンのラストは涙涙ですよ。

初見でのプレイ時間は約8時間でしたが、一切飽きることなくひたすらジェットコースターの下り、もしくは8時間耐久お化け屋敷を楽しんだレベルでワクワクなゲーム体験をさせてくれました。

お楽しみに。

みんなのバイオ8ヴィレッジ感想評価を紹介

PR

SNSなどのみんなの感想はほぼ「面白い」で統一されていますね。

何が面白いのか?を紹介していきます。

https://twitter.com/AKIHITO7/status/1390750824431702017

イーサンが痛い目に遭いすぎてつらい。

PR

イーサンが痛い目に遭いすぎてつらい。

今作の主人公不憫すぎる。って思っていたら全部ラストへの布石だったな。超泣いた。最高のバイオハザード主人公だった。

イーサン痛い。噛まれて指何本かなくなったのは治せないけど、手首切り落とされたのが治ったのは笑うわ。

イーサン超人説。何箇所も貫通しているのに走ったりしてるな。休ませてやりたい。と思ったらラストでしっかり休んでくれてよかったわ。

どうせ無敵超人イーサンだと思ったらやっぱりどんな怪我も一発で治る超人のままで安心した。

などなど主人公イーサンが他のバイオハザードの主人公レオン・クリスとは違って主人公補正が全くない状態で痛い目にあうシーンが多いためネットではかわいそうと言う声も多いですね。

バイオっぽくないけど面白い

バイオハザード7もシリーズ初の主観視点でのプレイ体験は賛否両論でしたが、今作は7の正統続編と言うことで主観モードでのプレイとなります。

が、やはり周囲が見辛い主観モードが嫌だと言う人。敵がゾンビではないことから「バイオハザード」ではないと辛辣な意見をくれる人もたくさんいますね。

グラフィックがすごくて怖い

やはりグラフィックが格段に進化したバイオハザード8ヴィレッジの恐怖感は前作7をやっていたファンの心を鷲掴みにしてくれていますね。

https://twitter.com/freedom_pet/status/1390680655562903554
PR

海外のバイオ8ヴィレッジレビューまとめ

一足先に発売されたバイオハザード8ヴィレッジ「英題:RESIDENT EVIL VILLAGE」の海外ユーザーや評論家の肯定や否定様々な感想評価を見ていきましょう。

肯定:シリーズ最新作にして最高傑作

こちらのサイト(英文)では評論家のレビューだけで84/100を叩き出しておりかなり高評価です。

ほとんどの方が前作7の面白さを昇華させ一切の既視感を持たせないまま素晴らしい正統続編を作り上げたとして持ち上げまくっています。

以下海外コメント一部抜粋

Resident Evil:Villageは、第7部から基本的な作業を行い、それを以前のResidentEvilタイトルの最高のものと混ぜ合わせます。それは私たちを魅了し、同時に衝撃を与え、私たちが完全に中毒になるまでになります。バイオハザード4がかつて行ったように、新しい基準を設定する現代的なクラシック。

バイオハザードビレッジは、シリーズの新旧のファンへのラブレターであり、シリーズの新しいアクションの側面を備えた古いゲームのパズルのスタイルが含まれています。今のところ、これはシリーズの中で私のお気に入りのゲームであり、カプコンは30周年を迎えても関連性を維持するために、自らを改革する必要があるかもしれません。

バイオハザード4と7から最高のゲームプレイのアイデアを取り入れることができる素晴らしいバイオハザードは、シリーズを新しい時代に導きます。

村は、RE7バイオハザードで楽しんだほぼすべての側面を改善します。これは、戦闘、パズル、探検の完璧なバランスを備えた、東ヨーロッパを舞台にした素晴らしいホラーストーリーです。しかし、多いほど良いとは限らず、「サバイバルホラー」の要素に焦点が合わなくなることもあります。

バイオハザードビレッジは、シリーズのこれまでのすべてのゲームの再会のようなものです。それはうまくいったことを取り、この恐ろしい冒険を通してファンに少しずつそれを与えます。

緊張はさまざまな方法で生み出され、その場で調整する必要がありますが、それと同じくらい怖いのですが、すべての質問に対する答えが隣にあるという考えは、夜遅くまで遊んでいることになります。バイオハザードビレッジはアイデンティティの危機に直面していません。それはそれが何をしているのかを完全に認識しています。どういうわけか、これらのシステムのブレンドは、これまでに経験した中で最も面白い悪夢を生み出します。

否定:ひねりのないただの続編

やはり多くの人が90点代の点数をつけていますが、中には80点代の点数をつけて否定的な意見もありましたので紹介します。

7の感動があまりにも私たちを引きずっている。8、いやヴィレッジか。ナンバリングをあえて隠す手法は、かつての7で私たちに圧倒的な驚きを提供してくれたあの感動を再びとおもったが、8はただの7の続編であり全くの無味無臭の大味なホラーゲームに成り下がってしまったようだ。

RE2よりも映像は美しいがバイオハザードらしさは失われている。

風変わりなキャラクターと迷宮を探索するのが好きならヴィレッジは気にいるだろう。ただし7で新たな方向性を見出したはずが、8では再び迷走と低迷が見受けられる。革新を期待していないのであれば今作はおすすめだ。


7に4を足しただけでファンが満足すると思ったら大間違いだ。8はRE4の踏み台だったのだろう。

7の驚きと恐怖には敵わない。私たちは館を散策するのにはもう飽きているのだ。

フランチャイズの最良と最悪両方を兼ね備えている8は人には勧めることが私にはできなかった。

ネタバレは控えたいが、8で7のシリーズは打ち止めだ。そんなのは許せない。私は7が好きだからだ。

PR

シェアしてくれたら嬉しいです

error: Content is protected !!